創作  2007年05月19日(土)に書いた 夢日記

第12夜:サソリとアイスの当たり棒の関係

第12夜:サソリとアイスの当たり棒の関係

 1996年ごろの話、私は毎週末、友人宅で遊んでいた。

 そこにはゲームセンターで知り合った十数名の友だちが集まっていた。金曜夜、閉店までゲームセンターで戦って、そのあと友人宅に移動、そのまま日曜日まで遊びほうけるのだ。

 とにかく人数が多いので、みんなで同じことはできない。
 それぞれ勝手にゲームをしたり、麻雀したり、パソコン通信(当時はNifty)したり、漫画を読んだり、コミケの準備をしたり……あるいは寝る人もいた。

 ある日のこと、寝ていた私は誰かに起こされた。
「なにしてんの! ほら! 行くよ!」
 ねこやぐら氏だった。
 この集団の中心的な人物で、さまざまなイベントを企画・実現してきている。よくわからんが、なんかやるらしい。眠いけど、私もついて行くことにした。

 連れて行かれた先は、駄菓子屋だった。こんなところに駄菓子屋があったのか。知らなかった。

 気がつくと、数名がウホウホ興奮している。
「なにしてんの?」と訊ねると、
「アイスの当たり棒を増やしてるんだ」とねこやぐら氏。
 よくわからないが、ある方法を使うと当たり棒を無限に出せる(チェーンヒットする)らしい。すごいウラ技もあったもんだ。

 どうやって当たりを連鎖させるんだろう?
 ウラ技の秘密を聞き出せないまま、ふたたび部屋に戻ってきた。眠いのでまた寝る。すると今度は黒侠に起こされた。
「どいて、どいて!」
 場所をあけると、黒侠はガバッと畳をめくった。
「うぉ?」畳が開閉するとは知らなかった。

 のぞいてみると、床下には無数のサソリがうごめいていた。
「ぎゃー!」
 黒侠は1匹を取り出し、手に乗せた。よく見ると金属的な光沢がある。てゆうか、メカじゃないの? これ?

「こいつは硬いよ。防御力が999あるからね!
 そういって黒侠はサソリを指ではじいた。カキーンと音がして、ダメージが無効化される。
「硬い、硬いよッ!」ねこやぐら氏も同意する。

 世の中、知らないことが多い。
 興味はあるけどまだ眠いので、私は部屋の隅にうずくまった。ようやく寝入ったころ、ふたたび起こされた。
「どいて、どいて!」
 ねこやぐら氏だった。
 私の背後に買い物袋があるらしい。それを渡すとき、ふと、さっきのことが気になった。

「ねぇ、さっきの当たり棒の話だけどさ。あれ、どうやって当ててんの?」
「なんの話?」
「ほら、さっき駄菓子屋に行ったじゃない……」
「ふんふん、それで? それから? ほぅほぅ」
 これまでの経緯を私はつらつら説明した。
 説明しながら……目が覚めてきた

「あれ? もしかして、寝ぼけてた?」
「うん、寝ぼけてた」
「ど、どのあたりから……」
「防御力999のサソリが出てきたあたりから現実」

「……」
 どうやら私は夢を見ていたらしい。

 寝ながら耳に入っていた周囲の会話やゲームサウンドが夢に反映されていたようだ

「それでさ、どうやってアイスの当たり棒を増やしたの?
 つづきを教えてよ。ねぇねぇ!」

 戸惑う私に、ねこやぐら氏はうれしそうに訊ねてきた。
 私は赤面した。

 夢を無防備にしゃべってしまった自分が許せなかった。

コメント (Facebook)

思考回廊 創作
第12夜:サソリとアイスの当たり棒の関係