創作  2009年02月03日(火)に書いた 夢日記

第28夜:同情しないで

第28夜:同情しないで

 久々にダイナミックな夢を見た。

 夢の中で《私》は、中世ヨーロッパのどこかの町にいた。
 大群衆が押し寄せた石畳の通りを、若い女が引きずられていく。忌まわしい《魔女》が処刑されるのだ。苛烈な拷問で狂ってしまったらしく、魔女はケタケタ笑いながら指を噛んでいた。白い肌に刻まれた赤い傷跡が見えると、その痛々しさに私は眉をしかめた。
 そのとき、背後から声がした。

(同情しないで......)

 小さな女の子の声だった。
 ふり返ったが、誰もいない。気のせい?
 こんな怒号が飛び交う中で、小さな声が聞こえるはずがない。

 ふたたび視線を戻すと、《魔女》が目の前を過ぎるところだった。
 さっきまでと様子がちがう?
 ケタケタ笑いはなく、魔女は唇をかみしめ、痛みに耐えているようだった。まるで……明らかに別人だ。そうか、入れ替わったんだ。

 なにが起こったのか、私は知っている。
 ここに、《少女》が立っていた。そして、引きずられてきた《魔女》──つまり傷ついたお姉さんの姿を見て、同情してしまった。
 同情すると、身体が入れ替わる。
 いま涙を流していた魔女の中身は、少女だったのだ。

 そして少女の身体には、《私》の魂が入っている。だから視点が低い。
 拷問で魔女の魂が死んでしまったので、この世界の魂が1つ足りなくなっていた。少女の魂がスリップしたので、私が補填されたということか。

(つまり、これから処刑されるのは、魔女(お姉さん)ではなく、少女(妹)か!)
 少女をあわれに思いそうになったが、頭をふって心を落ち着けた。
 同情すれば、(身体が入れ替わって)私が処刑されてしまう。
 同情してはいけない。それが少女からの警告だった。

 《魔女》は、広場の処刑台に縛り上げられた。
 とんがった頭巾をかぶった死刑執行人が登場し、群衆の興奮はピークに達した。
 みんな狂ったように、魔女に罵声を浴びせている。

(この人たちは、本当に魔女を憎んでいるんだろうか?)
 疑問が頭によぎる。
 ひょっとして、うっかり同情しないように、声を出しているのかもしれない。魔女を呪い、憎み、非難しているあいだは、自分が殺されることはないのだから。

 私も群衆に同調しようとしたが、声が出なかった。
(マズイ! 心のどこかで、同情しているのか?)
 同情したい気持ちはあるが、身体をゆずりたくない。もちろん、この身体は少女のものだから、私に所有権はない。しかし私だって死にたくない。痛いのはいやだ。
 要するに私は、少女を犠牲にしてでも、助かりたいのだ。

「こ、殺せー!」
 声が出たので、群衆にまぎれる。こうなったら、私も狂うしかない。

 考えてみれば、他人の同情なんていい加減なものだ。
 本気で同情するなら、代わってあげられるはず。あくまでも他人として、距離をとって同情したいなら、それは他人の不幸を見たがるだけの悪趣味だ。さしずめ、「プアー・ウォッチング」と言ったところか。
 とめどなく考えがめぐる。

「わーーッ! ま、待ってくれ! ちがうんだ!」
 処刑台の魔女が、叫びはじめた。
 さっきまで沈黙していたのに、はげしく抵抗する。あわてて死刑執行人が押さえつけ、猿ぐつわをかませた。「うー! うー!」という必死な呻き声が聞こえてくる。
 また、だれかと入れ替わったようだ。

 その相手は、なんとなく予想できた。
 頭巾をかぶった死刑執行人の片割れが、キョロキョロしているからだ。あれはたぶん、少女だ。つまり死刑執行人が魔女に同情して、魂が入れ替わったのか。

 死刑執行人(=少女)は、喜んで魔女(=死刑執行人)の首をはねるだろう。
 すると少女は、このまま死刑執行人として、魔女たちの首をはねつづけるのか。それはそれでかわいそうだ......。

「あ?」
 気がつくと、私は頭巾の穴から魔女を見下ろしていた。
 私は死刑執行人と入れ替わったようだ。なんてこった。群衆にまぎれて確認できないが、少女は少女の身体にもどったのだろう。
(中身がすり替わっているとはいえ、妹が姉さんの首をはねるのはよくない)
 これは自分の役目なのだと、私は理解した。

(まてよ。本当に入れ替わったのか?)
 斧を振り上げると、頭が冴えてきた。

 私は彼女の視点を想像しているだけで、まだ身体は入れ替わっていないのかもしれない。それどころか、すべては妄想の産物で、だれも入れ替わっていない可能性もある。
(同情して身体が入れ替わるなんて、ありえない話だ)
 私はただ目をつむって、都合のいい妄想にふけっているのかもしれない。

 もしそうなら、目を開けて悲劇と向きあうべきか? たとえ狂うことになっても?
 拷問で狂ったのは自分ではないと......言い切れるだろうか?

 ……という夢を見た。
 後半は複雑すぎて、わけがわからなくなっていた。
 こういう夢は、どこから着想しているんだろう。ショートショートの構想メモになかったアイデアだ。ショートショートにしたかったけど、かなり無理があるので、夢日記にまとめておく。

コメント (Facebook)

思考回廊 創作
第28夜:同情しないで