創作  2013年04月04日(木)に書いた 夢日記

第42夜:夢の録画ボタン

第42夜:夢の録画ボタン

 モーターボートで神田川を下っているとき、「あぁ、これは夢だ」と気がついた。

 なぜなら、さっき川べりを歩いていた私に波しぶきをかけたモーターボードに、いま私が乗っているからだ。同じシーンを、別人の目で体験している。さっきはモーターボートに怒り心頭だったが、モーターボートには急ぐだけの理由があった。なるほど、そうだったのか。

 4人の人物、4つの物語、1つの真実──。

 これで3人目。1人の視点じゃわからなかったことが、いろいろ見えてくる。おもしろい。ゲームのネタになりそう。いい夢見てるぜ。

 だが、起きるまで覚えていられるだろうか? 複雑な夢だから、いっぺん起きてメモを取った方がいい。しかしうっかり起きて、つづきが見られなくなったら元も子もない。できればこのまま最後まで見てしまいたい。どうしたものか。と思ったら、左下に赤いボタンがあった。

 おおぅ、録画ボタンだ!

 そうか、その手があったか。最近の夢は録画機能がつくのか。便利になったもんだ。これなら寝オチしても問題ないぜ。ポチッとな。これで夢に集中できるぜ。ひゃっはー!

 目が覚めて、布団の中でリモコンを探す。あった。いや、ハードディスクレコーダーじゃなくて、えぇと......。

 くそっ、やられた!

 という夢を見たのさ。

コメント (Facebook)

思考回廊 創作
第42夜:夢の録画ボタン