創作  2006年05月26日(金)に書いた ショートショート

第19話:閉じこめられた2人

第19話:閉じこめられた2人

「私はイヤよ! こんなところで死ねない!」

 リツコは叫んだ。叫ばずにはいられなかった。その声は地下道に反響して消えた。先を歩いているカズミは無視した。ずっと無視している。返事をしても、ますますリツコを怒らせるだけだとわかったからだ。

 しかしどのみち、リツコの怒りはおさまらなかった。無視することにも疲れたカズミは、休憩することにした。
「そんなに怒鳴らないでよ。ちょっと休みましょう」
 瓦礫をよけて、腰を下ろす。ぷりぷりしていたリツコも、やがてカズミのとなりに座った。

 昨夜、地下鉄構内で落盤事故があった──。
 大地震があったようだ。とにかく車両はぺしゃんこで、生き残ったのはリツコとカズミの2人だけだった。

 閉ざされたトンネル内で、2人は救援を待った。しかし翌日になっても状況は変わらなかった。不安になった2人は、地下道を歩きはじめた。最初は仲良く歩いていたが、いまは険悪なムードになっていた。

 2人は同じ年齢だが、その内面は対照的だった。リツコは真面目なOL。貧乏から脱するために、地道に、コツコツ働いてきた。一方、カズミは遊び人。家が裕福なので、働いたことがない。自由気ままに遊びほうけてきた。

「私ってキリギリスなのよね。太く短く生きればOK、みたいな♪」
 場を和ませるつもりだったが、思いっきり逆効果だった。

「それじゃ私は、冬が訪れるまえに死んじゃうアリってわけ? じょ、冗談じゃない。いろんなものを我慢してきたのよ。これからなのよ。だって私はまだ……」
 まだ恋もしてない、と言いそうになって、リツコは言葉を呑み込んだ。やりきれない思いから騒いできたけど、落ち着いてきた。カズミを責めても仕方がない。

「カズミさん、私はね……」
 リツコの告白は、最後まで聞けなかった。
 次の瞬間、ふたたび地面が大きくゆれた。地震というレベルじゃない。地下道そのものが崩れはじめた。リツコとカズミは抱き合いながら、瓦礫の中に消えていった。

 蛍光色の空は、ぐにょぐにょと渦巻いていた。核戦争が起こったのか、宇宙人が攻めてきたのか。
たぶん後者だろう。あの光る輪っかはUFOに見える。地上は、よくわからないことになっていた。

「それじゃ、行くね♪」
 数分前に事切れたリツコのほおにキスをして、カズミは歩きはじめた。もしかしたら、ここで死ねたリツコの方がラッキーかもしれない。

 先のことはわからない。
 とにかく歩いていくだけだった。


(995文字)

コメント (Facebook)

ショートショート (100)

思考回廊 創作
第19話:閉じこめられた2人