[Edit]
[創作] 2007年03月01日(木)に書いたショートショート

第27話:舞踏会の手帖

第27話:舞踏会の手帖

「で、爺さんはこんな田舎まで、なにしに来たんだい?」

 道を尋ねた青年とつい話し込んでしまったが、これもなにかの縁か。
 バスが来るまであと1時間。
 少し長くなるが、と前置きして私は昔話をはじめた。

 私は今年で96歳になるが、若いころは宇宙飛行士だった。
 今でこそ宇宙航行は簡単になったが、当時は危険がいっぱいだった。私たちはとりわけ亜空間ゲートでの事故を恐れた。なにせゲートは、半分あの世とつながっているような場所だからな。

 しかし事故は起こった。
 航海士がミスをして、航路座標を外れてしまったのだ。宇宙船はシェイクされ、私たちは亜空間被爆した。

「あれは……想像を絶する体験だった」

 4日後、私たちは救助されたが、乗員のほとんどは死ぬか、発狂していた。生き残った者たちは、ミスした航海士を吊し上げようとしたが、そいつは一足先に退院して、トンズラしていた。追跡しようにも、動ける者はいなかった。

 乗員たちの人生はめちゃめちゃになった。
 しかし犯人は罪をあがなうことなく、こっそり生きてきたのだ。

「すると、その航海士がこの先に住んでいるのかい?
 爺さんは、そいつに復讐しに来たわけだ」

 青年の推理は鋭かったが、私は首をふった。
「ちがうよ。
 この先に住んでいるのは昔の仲間さ。
 それにミスをしたのは……私なんだ」
「爺さんが?」
「そうだ。私の責任だ。
 病院で目覚めた私は、罪の大きさに堪えかね、逃げ出した。
 あれから60年。
 社会の陰で生きてきたが……もう疲れた。
 死ぬ前に、みんなに詫びておきたかった。
 それでこうして、1人ずつ訪ねて歩いているのさ」
「ほかの乗員のところもまわったのかい?」
「あぁ、みんな、私を許してくれた。ここが最後の訪問先だよ」

 しばしの沈黙のあと、青年が言った。

「わかった、おれも許してやるよ。おまえも大変だったな」
ぽんぽんと青年が肩を叩く。
「え?」
「おれだよ。通信士のリュウさ。息子じゃなくて、本人だぜ」
「な?」
「あの事故の影響さ。位相が定着するのに59年かかった。
 つまり、おれにとって事故は去年のことなんだ」
「そ、そ……」
「来たのが去年だったら、ぶっ殺していたかもな。
 それよりサ、世の中、すっげー変わったな!
 おれ、ゲートが木星まで延びるとは思わなかったぜ!」
「あ、う、あ……」

 リュウはべらべら話しはじめた。60年前とまるで変わらない。

 私の罪はすっかり精算されたが、魂の平穏は訪れなかった。


(994文字)

Share

Next