創作  2008年01月01日(火)に書いた ショートショート

第34話:同伴者

第34話:同伴者

「あ、今のところ、右です」

 ノリコに指摘されて、ハッとなる。
 しかしもう遅い。車はそこそこのスピードで走っている。過ぎてしまった交差点を振り返る余裕はない。

「いいや。このまま行くよ」
 バイパスに入れなかったので、30分くらい遠回りになるけど、仕方がない。
「クニオさん、疲れてるんじゃないですか? どこかで休憩した方がいいですよ」
 たしかに疲れているかもしれない──。
 昼過ぎに出発したのに、もう21時を過ぎている。SAで飯を食ってから3時間、ぶっ通しで走っているな。

「大丈夫、もうすぐ家だし」
「わかりました。でも、気をつけてくださいね。なにか音楽でもかけましょうか?」
「そうだね。なんか適当に頼むよ」
 ノリコは、懐かしいヒーロー番組の歌をかけてくれた。
「いいね。今の気分に合ってる。ありがとう♪」
 私は鼻歌交じりに感謝した。嫁なら、こんな選曲はありえない。私の体調や気分を、ノリコはよく察してくれる。

 急な出張だったけど、ノリコがいてくれて助かった。
 仕事が気になる「行き」はいいけど、「帰り」は単なる長距離運転だ。独りだったら、どれほど退屈しただろう。考えてみれば、これほど長くノリコと話したことはなかったな。

「どうしました?」
「ん、いや、なんでもない」
 くすくす笑っていたようだ。なんだかおかしくなったので、話すことにした。
「妙なもんだよな。最近は、嫁ともこんな話してない。今夜のドライブで、ノリコと親しくなれた気がするよ」
 ノリコは黙っていた。
 まぁ、答えようもないけど、沈黙もまた1つの反応だ。私はどうやら、ノリコを愛らしく思っているようだ。

「ただいまぁ」
 玄関で靴を脱いでいると、奥から嫁が出てきた。
「あら、お帰りなさい。泊まりじゃなかったの?」
「今夜帰るって、連絡しただろ。とにかく疲れたよ」
 ネクタイをゆるめて、鞄を手渡す。

「でも……ノリコさんと一緒だったんでしょ?」
「え? ま、まぁね」
「なんだか妬けちゃうなぁ」
「なに言ってんだ。"Noriko"はカーナビだぜ」
 肩をすくめる私に、嫁は唇をとがらせた。
「それはそうだけど、遠くの親戚より、近くの他人って言うじゃない。
 あたしだって……」

「おーい、鍋がふいてるぞぉ」
 キッチンから男の声が聞こえてきて、私はぎょっとした。
「なんだ? 誰かいるのか?」
 嫁は肩をすくめて、答えた。

「あぁ、ハウスナビよ。
 留守のあいだ、ずっと相手してくれてたの」

コメント (Facebook)

ショートショート (100)

思考回廊 創作
第34話:同伴者