[Edit]
[創作] 2008年04月19日(土)に書いたショートショート

第40話:愛し方、愛され方

第40話:愛し方、愛され方

「やっぱり別れよう」

 ケイスケさんは突然、切り出した。結婚して半年。これからと言うときに信じられない。
「やっぱり、ユリ姉さんのことが忘れられないのね」
 目を伏せ、ふるふると首を振るケイスケさん。
「そうじゃない。ユリは関係ない」
「うそっ!」
 沈黙する唇をじっと見つめる。何百回もキスしてきたのに、心に触れることができないなんて。

 ケイスケさんは、ユリ姉さんの彼氏だった。
 初めて逢ったのは高校1年のとき。美しく、おしとやかな姉さんが、まさか彼氏を連れてくるとは思わなかった。姉さんのことはなんでも知っていると思っていた私の自負を、ケイスケさんは打ち砕いた。

 姉さんは変わった。すごく綺麗になった。
 私たちはよく3人で行動した。映画を見たり、料理を作ったり。姉さんがいて、ケイスケさんがいて、私がいる。それで幸せだった。

 ところが姉さんは、不意の交通事故で亡くなってしまう。あまりに突然で、あっけなくて、信じられない。ケイスケさんに慰められ、哀しみから立ち直ったとき、私は姉さんになることを誓った。

 ほどなく、私はケイスケさんと交際するようになった。
 最初は抵抗を感じていたケイスケさんも、やがて私を受け入れてくれた。私は変わった。髪型も、身だしなみも、立ち振る舞いも、姉さんをトレースした。あの交通事故で死んだのは妹なんだと思うようになっていた。

 姉さんの年齢に追いついたとき、ケイスケさんは私と姉さんを区別しなくなった。そして結婚。すべてがうまくいっていたと思っていたのに、ケイスケさんの心はまだ姉さんが棲んでいた。

「ちがう。囚われているのはきみの方だ。
 きみはぼくを見ていない。ユリになることだけが目的なんだ」
 かたくなに拒否するケイスケさんに、私はとまどった。
「仮に、私が姉さんに囚われているとして、なんの問題があるの? いいじゃない、愛し合っているんだから!」
「だから駄目なんだ」
「どうして?」
 ケイスケさんは、ずっと我慢していた答えを言った。
「ぼくは、きみのことを好きになった。ユリになることに一生懸命な妹のきみを。ぼくはもうユリを愛していない」
「え?」
 ケイスケさんの瞳に映っていたのは私だった。
 必死に姉さんを演じる私……。

 3ヶ月後、私たちは離婚した。
 私は、「姉さん」を愛してほしかった。


(932文字)

Share

Next