創作  2008年06月26日(木)に書いた ショートショート

第44話:夫婦の食卓

第44話:夫婦の食卓

「ちょっと! あんた、味がわかってんの?」

 ある日、晩飯を食べていたヒデは、嫁さんに注意された。突然だったので、なんに怒っているのかわからない。相づちを打ちつつ、直前の状況を思い出す。えぇと、晩飯を食べていたら「おいしい?」と聞かれて、「うん」と答えた。この会話のどこが悪かったのか?

「なにを食べてもおいしいって言うじゃない!」
 ようやく状況が把握できた。生返事がよくなかったらしい。
「いや、本当においしいよ。食事を作ってくれて、感謝もしてる」
 気持ちを伝えようとしたが、言葉が浮かんでこない。ヒデは味音痴なうえに、口下手だった。それをわかって結婚したはずなのに、嫁は許してくれなかった。

「感謝してるなら、漫画読みながら食べるのはやめてよ!」
 指摘されて、ヒデは漫画をしまった。
「それと、がっつくのもやめて。エサじゃないんだから」
 知らぬ間にだいぶストレスが溜まっていたようだ。ヒデは神妙な顔で料理と向き合い、ゆっくり食べた。な、なにか気の利いたことを言わなければ……。
「このキャベツ、うまいね!」
「それはレタス」
 食卓は沈黙につつまれた。

「それ以来、どうにも食事が苦手になってしまったよ」
「それは大変だな」
 職場でヒデは悩みを相談してきた。私はヒデと高校時代からの付き合いだし、奥さんとも面識がある。些細な問題に見えるが、ダムに空いた小さな穴のようなもので、なんとか手を打たねばならないだろう。

「とはいえ味音痴の男が、急にグルメ漫画の主人公にはなれないだろう」
「そうなんだよ」
「ここは誠意を示しつつ、あまり料理に踏み込まない方がいいと思う。映画でも見ながら食べれば、そのうち落ち着くんじゃないか?」
「そうかなぁ」
「そうだよ、それしかないって!」
 私はヒデを励ました。

 そうなのだ。料理と向き合っても解決しない。私も食べたことがあるが、奥さんの料理はマズイのだ。それも殺人的にマズイ。そのことに奥さんも気づいていない。作る方も食べる方も鈍感だからこそ成立したカップルなのだ。
 よく言われていることだが、夫婦は互いに向き合ってはならない。

「あ、そうそう。うちのやつ、妊娠したんだ」
 ヒデは嬉しそうに告白した。
「それはおめで……な、なんだってぇーーーーーッ!?」

 将来の可能性に気づき、私は言葉に詰まった。


(942文字)

コメント (Facebook)

ショートショート (100)

思考回廊 創作
第44話:夫婦の食卓