創作  2008年09月20日(土)に書いた ショートショート

第49話:アレルギー×アレルギー

第49話:アレルギー×アレルギー

「えぇ! 自宅で海老を食べてるのー?」

 トモミの告白に、素っ頓狂な声をあげてしまった。居酒屋の注目が集まる。
「チーちゃん、声が大きい」
 私たちは身体をかがめ、小声で話すことにした。女2人で内緒話をしているみたい。

 トモミは職場の後輩で、とてもかわいい。アネゴ肌の私とは対照的だ。
 数年前、会社の慰安旅行で伊勢エビが出てきた。トモミはそれを食べると、ぶんぶん手を振って感激した。
「海老って、こんなに美味しかったの? 甘いよ♪」
 トモミは海老アレルギーだから、新鮮な海老を食べたことがない。だからその美味しさも知らなかったらしい。新鮮な海老ならアレルギー反応は出ないのかしら?
 と思った矢先、トモミがガクガク震えだした。

 そのあとは大変だった──。
 トモミは失神して救急車で運ばれた。食中毒が出たと、旅館は上を下への大騒ぎ。警察や保健所までやってきて、なぜか私がお詫びしてまわることに。

 そのトモミが、自宅で海老を食べている。
 彼氏に調理してもらい、一口食べる。美味しさに感激して数分後、アレルギー反応で失神。そのあとは彼氏に介抱してもらっているそうだ。
「ヤバイって、死んだらどうするの?」
「だって、彼はお医者さんの卵だから、大丈夫よ」
「そーゆー問題じゃないでしょ! そもそも...」
 ふと気がついた。
「まさかと思うけど、トモミが好きなのは海老? それとも失神?」
「え?」

 なにか言おうとして、真っ赤になる。答えを聞くまでもない。
 トモミは、アレルギー反応に感じている!
 旅館の苦労を思い出した私は、厳しい口調で叱りつけた。するとトモミがすねた。

「いいじゃない、イケナイことで感じたって!
 チーちゃんだって、同じでしょ!」
「なんのこと?」
 トモミは言いよどんだが、私はしゃべるよう威圧した。
「だって、チーちゃん、駄目男が好きなんでしょ?
 トモミには信じられないよ。アレのどこがいいの?」

 がつんと後頭部を殴られたみたい。
 言われてみれば、そのとおり。私の彼はミュージシャン志望の駄目男。意志薄弱で、常識もない。想像を絶する駄目っぷりに、何度も煮え湯を飲まされた。それでも尽くす私って...。

「チーちゃん、怒った?」
 無言でジョッキを飲み干すと、私は言った。
「アイツとはもう、別れたよ」
「ほんと? あっ、それじゃごめん。駄目男が好きなんて言って」
 消え入るように謝るトモミに、私は優しくつぶやいた。

「いいのよ。
 アイツね、就職したの。もう駄目男じゃないの」


(994文字)

コメント (Facebook)

ショートショート (100)

思考回廊 創作
第49話:アレルギー×アレルギー