創作  2013年10月26日(土)に書いた ゆっくり文庫

【ゆっくり文庫】太宰治「葉桜と魔笛」

【ゆっくり文庫】太宰治「葉桜と魔笛」

姉の嫉妬と、妹の見栄が起こした奇跡

*** コメント待ってます ***

原作について

太宰治

太宰治
(1909-1948)

 美しく、悲しく、そしてなんだか幸せになれる物語。原文は読みにくいけど、エッセンスは素晴らしいので抜き出してみた。姉の「嫉妬」や、妹の「見栄」にも踏み込んでみた。あえて言及されていないだけで、こういう物語だったと思えてくる。

 地の文(老婦人の語り)が多いと、ストーリーに没入できなくなることが判明。やはり動画は会話主体の方がいい。そこで原作にない医者を登場させたところ、テンポがよくなった。我ながらいいアイデア。
 M.T.の手紙は原作そのままにした。やや冗長に感じるが、ここは変えられない。

 姉妹が笑うシーンは、作った本人が泣けてしまった。なんでだろう。動画制作すると感情移入が止まらない。

動画制作について

 15分51秒はものすごく長い。何度もチェックして、気が遠くなった。タイムラインの管理も大変。いくつかに分割して、AviUtlで合流させよう。ドラマや映画を撮る人はたいへんだ。どっかで見切りをつけないと、いつまでも作業してしまう。

タイムライン
※タイムライン管理が大変になった

 出力容量は39.2MB。一般会員なので、ここが限界だ。これ以上長い話はアップロードできないし、それ以前に作れない。ひー。

(追記)40MB以内に出力する設定なので、16分が限界ということはなかった。よくわかってなかった。

 本作は、老婦人が少女時代を思い出しているので、地の文(老婦人)の声はやや低く、字幕の縁を赤くして、セリフ(少女)と差別化した。文章のセリフは「」で明示できるけど、動画はそうじゃない。いろいろ工夫が必要だ。やってみてはじめて気づいた。

 表情アイテムの使い方がわかった。笑ったり泣いたりすると、キャラクターがかわいくなる。しゃべっているキャラだけでなく、それを聞いているキャラにも表情の変化がある。細かく調教したけど、どのくらい気づいてもらえるんだろう? アニメーターさんの苦労がしのばれる。でも楽しい。

 口笛の軍艦マーチで終わるラストもいい感じ。
 楽しい。動画制作はすごく楽しい。

コメント (Facebook)

ゆっくり文庫 (67)

思考回廊 創作
【ゆっくり文庫】太宰治「葉桜と魔笛」