創作  2014年03月02日(日)に書いた ゆっくり文庫

【ゆっくり文庫】サマセット・モーム「エドワード・バーナードの転落」

【ゆっくり文庫】サマセット・モーム「エドワード・バーナードの転落」

ここでは楽しみのため読書する──

*** コメント待ってます ***

原作について

William Somerset Maugham

William Somerset Maugham
(1874-1965)

 サマセット・モームの短編より。舞台を現代に置き換えても通じることに驚かされる。

 アメリカの大量消費社会を批判して、南国の原始的な暮らしを賞賛しているように読めるが、そう断言しているわけではない。ベイトマンやイザベルは悪人ではないし、エドワードが怠け者であることも否定していない。価値観の違いを描いただけだ。

 興味深いのは、ベイトマンとイザベルはエドワードを「転落(Fall)した可哀想(Poor)な人」とあわれんだが、エドワードは終始おだやかだった。多様な価値観を認めないアメリカ人の性質が伺える。
 エドワードは無益な説得をせず、自分の名誉にこだわらず、シカゴとうまく縁を切ろうとした。こうした物腰は2年のタヒチ滞在で身についたのだろうか? 勝手な想像だが、父親の自殺が影響しているのではないか。
 たとえ財産をなしてシカゴに帰っても、いつ父親のように破産(自殺)するかわからない。そうした不安がエドワードを変えたのだろう。

 本作の発表は1934年だから、ウォール街大暴落(1929)の5年後であり、第二次世界大戦(1939)の5年前になる。ベイトマンとイザベル、エドワードはどんな人生を歩んだのか、想像するとおもしろい。

 文庫本で66ページあるから、そのまま映像化すると40分くらいになる。セリフやシーンをカットして、ついにアーノルド・ジャクソンまで省いてしまった。
 いなくても物語は成立するが、モームらしい登場人物を割愛することに強い抵抗があった。エビフライから尻尾を外すようなものだ。モームファンは怒るかもしれないが、簡潔に紹介することで本を手に取る人が増えるかもしれない。どうか容赦されたし。

 【ゆっくり文庫】シリーズは翻案作品なので、興味をもった方はオリジナルを読んでほしい。

動画制作について

 今回のミソは、「射命丸→きめぇ丸」の切り替えだ。タヒチで堕落して、肥満体型になったのではなく、ベイトマンの主観だった......という演出にした。我ながら妙案だったと思うが、どうだろう?
 きめぇ丸は表情パターンが少なく、声も甲高いため、使いにくいんだけど、人気があるので準主役に抜擢してみた。

射命丸≠ときめぇ丸
※射命丸≠きめぇ丸

 エヴァはポリネシア人とのハーフだが、東方キャラに浅黒い肌はいないので、「頭が弱そう」「後ろ姿がある」という点でチルノを抜擢した。『ナイト・オブ・ザ・リビングデッド』のベンもそうだが、人種のちがいは再現できない。しかしまぁ、いい配役だったのではなかろうか。

 そして今回も早苗はセックスアピールが強い女性を演じてもらった。ベイトマンを誘導するラストは圧巻だ。こーゆーの大好き。個人的に「サークルクラッシャー東風谷早苗」のイメージが定着している。
 ちなみに早苗が演じたキャラは下記のとおり。いいねぇ。

ゆっくり文庫で早苗が演じたキャラクター
No作品役柄
001こわっぱB
006少女病千駄ヶ谷の令嬢
007人魚姫アティーナ
008破られた約束新妻
010高瀬舟庄兵衛の妻
015ナイト・オブ・ザ・リビングデッドゾンビ
016ボヘミアの醜聞アイリーン・アドラー
019エドワード・バーナードの転落イザベル・ロングスタブ

更新頻度について

 脚本(ストーリーの簡略化)に時間がかかってしまい、2/21に公開できなかった。広告がついてがんばりたかったけど、無理しないことにした。2/27に動画制作は終わっていたが、忙しくて金曜日に公開できなかった。やむなし。

 手間と時間をかけて大作を仕上げたわけではない。いつもの1本である。あまり期待しないでほしい。

 前回、小泉八雲の話をやるつもりと予告していたが、脚本が仕上がらなかったので順延した。次になにが来るか楽しみにしている人もいるようなので、次回予告はやめよう。

コメント (Facebook)

ゆっくり文庫 (64)

思考回廊 創作
【ゆっくり文庫】サマセット・モーム「エドワード・バーナードの転落」