[Edit]
[創作] 2018年09月08日(土)に書いたゆっくり文庫

【ゆっくり文庫】コナン・ドイル「犯人は二人」シャーロック・ホームズの帰還

【ゆっくり文庫】コナン・ドイル「犯人は二人」シャーロック・ホームズの帰還

犯人は二人、以上──

原作について

アーサー・コナン・ドイル

アーサー・コナン・ドイル
(1859-1930)

 別題「チャールズ・オーガスタス・ミルヴァートン」「恐喝王ミルバートン」「毒ヘビ紳士」。正典においてホームズがもっとも精細を欠いた事件。強盗はいいけど、結婚詐欺は駄目だろJK。

 ホームズがミルヴァートンの報復を考慮していないのも奇妙。ホームズたちが乗り込んだ夜に、たまたま復讐者が割り込んでくれたから、自分の手を汚すことなく悪魔を排除でき、恐喝のネタが流出することも防止できた。これって偶然なの?

 不満や疑問を解消すべく、本作を翻案した。ファンなら一度は考えるプロットだろう。【ゆっくり文庫】のホームズシリーズの世界観が色濃く反映されたため、原作からの乖離がはげしい。ま、いまに始まったことじゃないが。

 推理らしい推理はないが、忘れちゃいけない。ホームズは冒険小説でもある

先行作品について

The Master Blackmailer (1992)


※原作そっくりのミルヴァートン

 グラナダテレビ制作「シャーロック・ホームズの冒険」第33話「犯人は二人」。2時間スペシャルとして制作されたため、本筋に関係ないシーンが多い。ホームズはずっと不機嫌で、推理は空回り。シリーズ唯一のキスシーンもあるが、状況が状況だけに楽しめない。ぶっちゃけ、楽しいドラマじゃなかった。

 ミルヴァートンは役者と吹き替えがベストマッチ。挿絵から飛び出してきたようだ。ドラマのオリジナルキャラクターとして、ミルヴァートンに忠実な執事・Hebworthが登場する。用心棒のような雰囲気だったので、ヴィンセント(よしか)の原型とした。

Dead Man's Switch (2013)


※ミルヴァートンは即退場

 アメリカCBS制作「エレメンタリー ホームズ&ワトソン in NY」第22話「ブラックメール」。ホームズは被害者の依頼を受け、恐喝犯ミルヴァートンの家に侵入する。そこへミルヴァートンが帰ってくるが、何者かに殺されてしまった。ホームズはミルヴァートンの「安全装置」を止めるため、殺害犯を追跡する。

 原題でもある「安全装置」の設定がおもしろかったので、【ゆっくり文庫】に採用した。

His Last Vow (2014)


※途中までおもしろかった

 英国BBC制作「SHERLOCK」(S3E3)「最後の誓い」。ホームズは政治家の依頼を受け、メディア王マグヌセンと対決する。一方、マグヌセンもホームズを狙っており、そこに予想外の復讐者が乱入する。
 ホームズの結婚詐欺をうまく翻案しており、前作「3つの兆候」との関連もよい。しかし決着はオソマツ。恐喝のネタが物理的に存在しないなら、マグヌセンを殺せば解決であり、そのとおりになった。モリアーティに匹敵する巨悪と思われたマグヌセンの株が大暴落したよ。

 マグヌセンの狙いが「メアリー→ワトソン→シャーロック→マイクロフト→英国政府」という図式がおもしろかったので、【ゆっくり文庫】に採用した。

失礼な似顔絵の冒険 (2014)


※ミルヴァートン先生:じつはいい人だった

 NHK制作「シャーロック ホームズ (人形劇)」の第10話。
 ホームズはベッポの依頼で、鬼教師ミルヴァートンに没収された似顔絵を回収する。「ミルヴァートンはいい人だった」という平和的なオチに驚くが、まぁ、殺人のない世界観だから仕方ない。


※アガサ・ライト:ホームズに恋する天才少女

 正典では哀れなメイド・アガサは、天才少女アガサ・ライトに翻案され、準レギュラーに昇格している。しかし本作での活躍はとぼしく、魅力もない。ベインズもそうだが、ライバルや敵対者がうまく活用されてない。

コメンタリー

 ミルヴァートン役はアリスだったが、迫力が足りなかったため、霍青娥のグラフィックを改造する。ところが先に『羅生門』の老婆役でデビュー。それから『銀河鉄道の夜』の鳥捕り『阿部一族』の高見権右衛門『名人伝』で本人役など、印象的な役を演じてもらっている。
 文庫劇団では「アリス以上の極悪人」と位置づけられているが、あくまでも役柄であって、原作(東方Project)の霍青娥と同一視しないように。

 そしてキョンシー宮古芳香も、本作のためにリファインされた。これまた原作以上に死体っぽくなっている。『緋色の研究』において、ベイカー・ストリート・イレギュラーズの一員として頭を見せているが、それはそれ、これはこれと思っていただきたい。ウィギンズ(ちるの)もそう。劇団員が少ないから、仕方ない。

交渉失敗

 ハドソン夫人は不在で、アイリーンは状況を把握している。ミルヴァートンの報復を恐れて避難させたということは、ハドソン夫人には恐喝される弱みがあるという意味だ。


※アイリーンの動機はラストでわかる

 ミルヴァートンに恐喝された人の多くは、暗殺を試みたはず。それが達成できなかった理由として、用心棒・ヴィンセントを登場させた。ヴィンセントはミルヴァートンより先に部屋に入って、あとに出ている。突発的な行動にも対応できる。愚鈍ゆえ買収できない。鉄壁の盾だ。

 毒殺や狙撃をふせぐため、「安全装置」という設定を加える。ホームズは「存在しない」と判断したが、じつはヴィンセントがパートナーである。近すぎて見落としてしまったのだ。


※すぐそこにある安全装置

作戦会議

 ホームズは不機嫌で、ミルヴァートンにやり込められる。半分は油断させるための演技だが、恐喝への怒りは本物だ。とはいえ殺害までは考えていない。ここにワトソンとの差がある。

 ワトソンは自分が依頼されたわけでも、狙われたわけでもないのに、悪党の殺害を決意する。まったくブレない。底抜けの善人で、危険に魅入られた中毒者であるワトソンは、ぶっちゃけ異常者である。


※最初からやる気のワトソン

脳内会議

 モリアーティの疑似人格は、いまもホームズの脳内に潜んでいる。近ごろは任意に喚び出して、おしゃべりできるようになった。

 「恐喝のネタが流出する可能性がある」「事情を知らない人は守れない」「被害者たちを誘導し、間接的に殺す」といった話題もあったが、長くなったのでカットした。


※BBC「Sherlock」のマインドパレス


※イマジナリーフレンド・モリアーティ教授

 ワトソンは自分でコーヒーを淹れる。このときアイリーンが不在であることを示すつもりだったが、アイリーンがいても自分でコーヒーを淹れたかもしれない。
 適当なマグカップを置いたところ、妙に目立ってしまうため、もっと目立つ「ゆっくり文庫マグカップ」に差し替えた。深い意味はない。


※ゆっくり文庫マグカップ

アップルドアに潜入

 尺も半分過ぎたところからアクション編。前後編に分けるつもりだったが、1本にした。事前の準備あってこそのアクションだろう。

 使用される背景は「PAYDAY2」のジョブ、「Hoxton Revenge」「Shadow Raid」「Safehouse Raid」から。ゲームを知らない人には、同じマップに見えるかもしれない。
 使用されるマスクは下記の通り。


※Chains(元軍人、気苦労が多い)→ワトソン


※Jiro(ヤクザ、日本語をしゃべる)→ホームズ


※Clover(潜入工作が得意、躁鬱症)→アイリーン


※Dallas(リーダー)→未登場

 ゲームに登場する Thermite Paste、Glass Cutter、C4、Trip mine、Concussion Grenade をそのまま使用した。時代考証は放棄。19世紀の強盗のリアルを追求する動画じゃない。


※スポット:警備員の輪郭を一定時間、表示させるスキル

饅頭でアクション

 【ゆっくり文庫】らしからぬアクションの連続。まず情景をイメージして、表現方法を設計し、必要な素材を集めて加工、タイムラインで組み上げていく。途中で廃棄されたアイデアやシーンの多いことよ。大変だったけど、悪くない出来栄えになったと思う。

 背景をマスクして、キャラクターが飛び出したり、隠れたり、回り込むような動きを表現した。どこがマスクで、いつから重ねているか、すべて説明することはできない。興味ある人は下記をヒントに考えてください。


※向きを変えたときマスクが出現。回り込むように見える。

 ゲーム画面にはUIや自分の武器が映るため、Photoshopで消していく。オプションでUIを消せるとわかったのは、作業が終わったあとだった。
 ゲームをやりながら撮影するのは大変だった。


※実際のゲーム画面

 やってみるとわかるが、ゲーム画面は呼吸や木々のざわめきによって動いており、連続撮影してもズレが生じる。そこで画面全体ではなく一部だけ差し替えることにした。意味がわからないかもしれないが、やればわかる。


※窓やドアが開いても、画面全体が変わるわけじゃない

 作業の進捗状況を示すインタラクトサークルは、AviUtlのカスタムオブジェクトで表現した。自分のためのメモを残しておく。なにかの参考になれば。


※インタラクトサークル

扇型(カスタムオブジェクト)
[X] 0、[Y] -80、[中心角] 0.0 - 360.0、[中心基準] -100.0、[サイズ] 140、[ライン幅] 6.0、[色] ffffff

設定とドラマ

 ミルヴァートンは巻き上げたカネで贅沢するのではなく、地下金庫に閉じこもって次の恐喝を練っている。恐喝のための恐喝だから、言葉もカネも通じない。

 ホームズは薬品で書類を損壊し、爆破して消防隊を突入させる。どんな仕掛けを使ったかは考えてない。そこは重要じゃない。ミルヴァートンが地下金庫で暮らしているため、通気性がよく、物資を搬入できた。そのとき手紙を盗まなかったのは、アガサに迷惑をかけないため。

 ワトソンは資料閲覧室で、自分たちが狙われていることを知る。そのときのコルクボードがこちら。ミルヴァートンの認識であって、これが真実とはかぎらない。


※元画像と修正後


※恐喝プランニングボード

復讐者の銃弾

 アイリーンはベイカー街から去ったミルヴァートンを追いかけ、ヴィンセントを骨折させる。これで数日は防衛力が落ちる。
 その足でレディ・ダイアナを訪ね、事情を説明すると、晩餐会に駆けつけ、ミルヴァートンに声をかけた。アイリーンはアップルドアの外で待機し、出てきたレディ・ダイアナを逃がす。その背後で屋敷が爆発炎上する。
 アイリーンは、レディ・ダイアナが今夜行動することも、ホームズたちが今夜襲撃することも知らなかった。


※女性を傷つけてはいけない

 正典ではミス・ダイアナ・スインステッドだが、「マープル」シリーズのサー・ヘンリー・クリザリングに掛けてみた。サー・ヘンリー役のゆかりはモリアーティだから、姿を見せない。
 【ゆっくり文庫】で狂女と言えばさなえだが、ゆゆこもキテる。死んでも撃ちつづけ、頭を蹴っ飛ばして去っていく。かっこいい。

脱出

 アガサがミルヴァートンの死体を見つければ騒ぎになって、レディ・ダイアナが捕まるかもしれない。だからアガサを捕縛し、放火と爆破を強行した。このときホームズが資料を持ち帰る演出を考えていたが、逃走のじゃまになるのでやめた。


※資料のお持ち帰り

 アガサはワトソンのことは話したが、ホームズのことは言わなかった。声から配管工・エスコットと察し、かばったのかもしれない。


※マスク範囲

後日談

 レストレード警部は「犯人は二人」というが、その片割れはアイリーンだった。ここでアイリーンの関与がわかる。ホームズがアガサといちゃついことに激怒したようだ。アイリーンは美しく、賢く、強いが、ちょっと頭がおかしい。


※バリツ!

黒幕

 モリアーティは自分の手を汚さないことが一番よいと言った。それを実行したのはアイリーンではなく、マフィンだった。

 マフィンは、自分のことを嗅ぎ回るミルヴァートンを始末するため、レディ・エヴァにホームズを紹介。しばらくしてからミルヴァートンに情報を漏らし、互いを意識させる。これで殺害以外の決着はなくなった。


※ジョーカー:捕まえた敵を味方に変えるスキル。

雑記

 【ゆっくり文庫】の使命は古典を紹介することだが、独自翻案が強くなりすぎてないか気になる。これもずいぶん前に完成したが、おもしろいかどうか確信がもてず、寝かされていた。しかし死蔵するつもりはないので、後悔ボタンを押す。どうとでもなれ。

 クライアントから返事が来て、また忙しくなる。ストックはあるが、公開前の調整、編集後記の執筆に時間がかかる。秋頃にまた投稿しますから、それまで待っていてください。

Share

Next