[Edit]
[旅行2002年01月04日(金)のニューヨークにて

エンパイア・ステート・ビルディングに登る

[WGS84] 40.748597, -73.985346 - Google Earthで開く(kml)

Empire State Buildingは、言わずとしれたニューヨークのシンボル。

高いところは大好きなので、立ち寄らずには帰れない。
ワクワクしながら行ってみたら、パスポートがないと入館できないという。さいわい、歩いて数分の距離に宿があるから取りに帰れたけど、危なかった。911発生時には、ハイジャック機がEmpire State Buildingに向かっているという流言が流れたくらいだから、警戒が厳しいのも当然か。
それ以前に、パスポートを持ち歩いていなかった私たちも問題だった。

NewYork
※パスポートがないと入れませんよ

素晴らしきマンハッタンの夜景

Empire State Building は全体的に重たい感じがした。竣工は1931年(昭和6年)だから、72歳になるのか。日本の高層ビルがどれも新しく、未来的な感じがするのとは好対照だ。
展望台の入場料は$11(≒1,430円)。

NewYork
※屋外に出られるタイプの展望台

NewYork
※月とマンハッタン

Empire State Buildingは地上102階建て、電波塔を合わせた全高は448.7mになる。タイ旅行で登ったバイヨーク・タワー2(Baiyoke Tower II:85階建て、全高304m)より高い。WTCが倒壊してしまったので、「ニューヨークで一番高いビル」に返り咲いている。私はこれより高いビルに登れるだろうか。

NewYork
※WTC跡地

NewYork
※望遠する

日本に比べ、オレンジ色の灯りが多い。タイもそうだったが、日本が白色灯が多すぎるんだな。
暗いので、あまり細部まで映っていないが、素晴らしい眺めだった。

NewYork
※ニュージャージー側

NewYork
※足下

NewYork
※Chrysler Building(クライスラービル)

そんなに広くない展望スペースを、行ったり来たりしながら、何度も何度も夜景を眺める。私は楽しくて仕方ないのだが、嫁は早々に飽きてしまった。高いのも、寒いのも駄目らしい。やれやれ。

NewYork
※コインの圧延機でお土産作り

夕方のEmpire State Building

1月4日に、ふたたび訪れた。
16時の、太陽が沈みゆくマンハッタンの眺望を楽しんだ。

NewYork
※やっぱり高いね

NewYork
※摩天楼とクライスラービル

NewYork
※ハドソン川

NewYork
※こんな高さまで飛んできたのか?

NewYork
※真下を見るのはかなり怖い

NewYork
※最上部の電波塔

NewYork
※北側

NewYork
※日が暮れてきた

たっぷり堪能しました。

Share

Next