[Edit]
[旅行2002年01月08日(火)のニューヨークにて

自由の女神とエリス島移民博物館

[WGS84] 40.689646, -74.044933 - Google Earthで開く(kml)

ニューヨーク旅行の〆に、自由の女神を見に行こう。

マンハッタン端っこにあるBattery Park(バッテリー公園)から、自由の女神像行きのフェリーに乗船する。Immigration Museum(移民博物館)のあるエリス島上陸も含めて、$11.50(1,495円)。

NewYork
※フェリーはほぼ貸し切り状態だ

NewYork
※出航した

リバティ島上陸

自由の女神像(The Statue of Liberty)。
正式名称は、Liberty Enlightening the World(世界を照らす自由)といい、世界遺産に登録されている。台座部分はアメリカ移民の歴史博物館になっており、内部の階段で頭頂部の展望台まで登れる。
『アメリカ横断ウルトラクイズ』で有名になり、『X-MEN』の決戦の地になったところだ。

NewYork
※上陸する

さっそく見学しようと台座に向かうが、なにやらテントが張ってある。中をのぞくと、オジサンが1人いて、手招きする。なんだ?

NewYork
※入り口にテントがある

NewYork
※まぁ、見てくれ

テロ警戒で入れません

事情を説明するビデオが上映されるが、英語でさっぱりわからない。要するに、入れないのだ。持ち物検査とか身分証明が必要とか、そーゆー話ではなく、まったく入れない。なんてこったぁ。知らなかったよ。
だから、フェリーの客がいなかったのかぁ...。

NewYork
※島をすみずみまで歩いてみる

NewYork
※すぐそこにあるのに

エリス島移民博物館へ

ふたたびフェリーに乗って、1.6キロ離れたエリス島へ。
次の便には、そこそこ人が乗っていたが、みんなは知ってるのかな? 自由の女神像は見るだけなんですよ。

NewYork
※Immigration Museum(移民博物館)

移民たちの記憶

エリス島には、1892年から1954年まで移民管理局があった。つまりアメリカを目指して海を渡ってきた人たちが、最初に踏む大地がここだったのだ。現在は博物館となっており、当時の資料が展示されている。

NewYork
※左から見るとアメリカ国旗

NewYork
※右から見ると移民たちの顔

考えてみればすごいこと

当時の移民者は、劣悪な環境を耐えてアメリカにやってきた。途中で沈んでしまう船もあった。飛行機の13時間で文句を言っている私とは大違いだ。
彼らは、アメリカの情報をよく知らないまま、自分の身と夢だけ持って海を渡った。あれこれ調べて、えんえん準備する現代人(おもに私)とは大違いだ。
まぁ、当時は圧政から逃れる人が大多数だったんだけどね。

NewYork
※移民者たち

NewYork
※日本人がどこへ散っていったかわかる

エリス島で昼飯を

腹が減ったので、昼食にする。
いつもどおり大ざっぱなファストフードなんだけど、気持ちよく食べられた。

NewYork
※フードコートもある

NewYork
※ぶちゅちゅ

建物の思い出

現在のアメリカ国民4割の祖先は、エリス島から入国したと言われている。危険を賭して渡米しても、病気などの理由で入国できず、ばらばらになる家族もあったとか。それゆえエリス島は、「涙の島」と呼ばれていたとか。

NewYork
※レンガ造りの建物

NewYork
※このホールに並んでいたのかな

NewYork
※この窓からアメリカを見たのかも

彼らに比べ、私はなんと恵まれていることか。
飛行機があって、ネットがあって、英語学習教材があって、それでなにを成したと言えるだろう?

NewYork
※さぁ、帰ろう

エリス島を訪れたのは、とてもいい経験になった。

Share

Next