[Edit]
[旅行2003年09月15日(月)の栃木県にて

竜化の滝 / 岩場に隠された3段の滝

[WGS84] 36.968744, 139.850464 - Google Earthで開く(kml)

こうなったら「渓流めぐり」としゃれ込もうじゃないか。

「留春の滝」を気に入った私たちは、次なる滝を探しながら走った。
ほどなく、「竜化の滝(りゅうかのたき)」という看板が見えたので、車を停める。今度は駐車場が大きかったのでらくに停められた。
沢に下りると、川幅が大きくなっていた。巨大なベルトコンベアーのように、ゆったり流れている。

箒川
※箒川:大量の水がゆっくり流れている

遊歩道を歩いて

竜化の滝は山側にあるようだ。
遊歩道が整備されているので、てくてく歩く。最初は国道沿いを進んでいたが、途中から山の中へ分け入っていった。

てくてく歩いていく
※奥まで道がつづいている

観光客が多い
※渓流に沿って歩く

観光客が多い。それも老夫婦ばっかり。それだけ歩きやすいコースということか。
渓流の石の上を歩いていたら、バランスを崩して足を水につけてしまった。靴も靴下もグショグショ。山道なので靴を脱ぐわけにもいかない。あうあー。

やっちゃった
※やっちゃった

風挙の滝

途中で控えめな滝があらわれた。
さほど大きくはないが、形の整った滝だ。これが「竜化の滝」かと思ったが、「風挙の滝」という名前だった。「竜化の滝」まで、あと少しだった。

名も知らぬ滝
※風挙の滝

竜化の滝は、コースの執着地点にあった

全長130m、幅5m。3段にわたって流れ落ちる豪壮な滝だった。「塩原十名瀑」の1つに称されることはある。滝壺にトーチカのような観瀑台があって、そこから見上げると、大量の水が天から降ってくるように見えた。

竜化の滝
※竜化の滝

駐車場に戻って、ふたたび運転を再開する。
峠道がキツなってきたので、頻繁に休みながら運転した。途中、名も知れぬ渓流で足を伸ばしたり、トンボを追いかけたりもした。9月の空は突き抜けて青かった。

名も知らぬ峠道
※名も知らぬ峠道を抜けて

名所でなくとも、十分に楽しめた。

Share

Next