旅行  2004年04月30日(金) の愛知県 にて

名古屋城 / 名古屋のシンボル

(map)

[WGS84] 35.185577, 136.899068 - Google Earthで開く(kml)

徹夜で運転してので、疲労はきわまっていた。
サービスエリアで仮眠はとったものの、全快にはほど遠い。しかも名古屋の道路は信号が多くて、やたらと混雑している。私の神経はすり減っていた。
しかしまぁ、名古屋城は見ておきたい。私は車を名古屋城の駐車場に停めた。

名古屋城

名古屋市中区にある城郭。尾張徳川家17代の居城。天守の金の鯱(しやち)により金鯱城、金城とも呼ばれる。第二次世界大戦の空襲によって、天守閣を含むほとんどを焼失した。もし残っておれば姫路城を凌ぐ世界遺産になっていたはずである。

■名古屋城
[住所] 愛知県名古屋市中区本丸1-1
[電話] 052-231-1700
[歴史] 建築:1612年
[料金] 500円
[URL] http://www.nagoyajo.naka.nagoya.jp

西北隅櫓

入場料(500円)を払って城郭内に入る。ちょうど西北隅櫓(重要文化財)が公開されていたので、まずはそちらに足を伸ばしてみる。

名古屋城:西北隅櫓
※西北隅櫓

櫓の中は暗くて、狭かった。ひんやりした板の上をひたひたと歩いていく。櫓というだけあって、外堀を見渡す眺めはよかった。

名古屋城:西北隅櫓
※櫓から堀を見下ろす

天守閣

その後、天守閣に向かう。近くで見ると、その大きさに感動する。外から見てもそうだけど、天守閣に入るときも、大きな岩が組み合わされた城壁の偉容に圧倒される。こりゃあ、見事な城ですよ!

名古屋城
※そびえる名古屋城

天守閣の内部は、歴史資料館になっていた。
各フロアにはさまざまな資料が展示されており、名古屋や日本の歴史をかいま見ることができる。ゴールデンウィークとあって、やたら子どもが多かった。騒ぐのもいいけど、歴史を学びなさい!

名古屋城
※子どもたち

名古屋城
※鉄筋コンクリート

名古屋城
※石垣は本物

本丸御殿は、平成22年(2010年)までには復元されるらしい。どんな風になるのか楽しみだ。

コメント (Facebook)

思考回廊 旅行
名古屋城 / 名古屋のシンボル