[Edit]
[旅行2004年12月19日(日)の京都府にて

寺田屋 / 坂本龍馬をしのんで

[WGS84] 34.930336, 135.759548 - Google Earthで開く(kml)

「坂本竜馬ファンとして、見ないわけにはゆかぬ」

寺田屋は、坂本龍馬をはじめとする討幕派が定宿にしていたところだ。この宿で、龍馬は策謀をめぐらし、休養をとり、おりょうと恋をして、そして襲撃されたのである。司馬遼太郎の小説と、武田鉄矢原作の漫画を読み終えたばかりだったので、血がたぎっていた。
明治維新の立役者・坂本龍馬──。
その生き様が事実であったかどうかは別として、そのゆかりの地を訪れることで、よい影響を受けたいと思っていた。

現在の寺田屋

寺田屋は、現在も宿屋として営業しているらしい。が、実際には資料館のような観光名所だった。拝観料は400円。思っていたよりも小さく、狭い宿だった。なので、ほかの観光客とぶつかりそうになる。

寺田屋
※現代の寺田屋

寺田屋
※2階より

幕末の痕跡

2階には坂本龍馬が泊まっていた部屋(梅の間)が保存されていた。柱や壁には、刀痕や弾痕が残っている。といっても、だいぶ摩耗しているので、但し書きがなければ判別できないけどね。

寺田屋:明治維新の傷痕
※明治維新の傷痕

寺田屋:おりょうが駆け上った階段
※おりょうが駆け上った階段

やや俗っぽい気もするが、おおむね満足

ほか、さまざまな写真や解説文が展示されていた。
坂本龍馬に関連するものなら見境がないらしく、アニメのセル画まで飾ってあった。いささか観光名所としての色が濃すぎるが、小説で読んだ「あの寺田屋に来た」という感動は大きい。
私にはそれで十分だった。

寺田屋:龍馬グッズがそろってる
※龍馬グッズがそろってる

十分、よい影響を受けられたと思う。

寺田屋

[住所] 京都府京都市伏見区南浜町
[歴史] 江戸

Share

Next