旅行  2005年11月10日(木) の神奈川県 にて

小涌谷への近道

(map)

[WGS84] 35.24016, 139.055446 - Google Earthで開く(kml)

宮ノ下までもどるか、小涌谷まで登るか?

渡邊ベーカリーの店員さんに聞いてみると、宮ノ下まで戻る方が近いらしい。だが、勾配がキツイとはいえ小涌谷まで登っても20分くらいだそうだ。ならば、登ってみようか。
私たちは道路に沿って歩きはじめた。

あやしい看板

しばらく登ると、「小涌谷・近道」という看板が目に入った。
見ると、渓流沿いにやたらと細い道がある。道……というのはあまりにも細く、勾配がきつく、茂みに覆われている。地元の人しか知らない抜け道なのだろうか? いささか躊躇するところはあったが、時間短縮のため近道へ入っていった。

小涌谷への近道?
※小涌谷への近道?(画面の左側に入っていった)

それにつけても険しい近道だ。
人が通った形跡も少ない。これじゃ獣道だよ。さらに進んでいくと、道がなくなった。小さな小屋が出てきて、行き止まりになってしまった。わけがわからない。

渓流に沿って……
※渓流沿いの道(左側の細い道を歩いていった)

頭の上の方で、登山鉄道が登っていった。距離は近いが、角度がありすぎる。線路までよじ登ることは不可能だ。私たちはやむなく、来た道を戻っていった。
元の場所に戻って看板をよく見てみると、近道は橋の向こう側だった。
そ、そりゃないよ!

近道は向こうだった
※近道は向こうだった!

正しい近道は、ちゃんとした道だった

ほどよい広さがあり、舗装されていて歩きやすかった。ほどなく小涌谷駅に抜けた。たしかに近道だった。まったくもう、無駄な時間を過ごしてしまったじゃないか。
ぷんすか!

箱根登山鉄道の線路
※小涌谷駅に到着!

小涌谷駅から登山鉄道に乗って、強羅へ。強羅からはケーブルカーで早雲山。早雲山からロープウェイに乗って、大涌谷へと出た。

コメント (Facebook)

思考回廊 旅行
小涌谷への近道