旅行  2006年11月20日(月) の東京都:都心部 にて

モンスーンカフェ / ガパオ炒めご飯

(map)

[WGS84] 35.6564288, 139.734895 - Google Earthで開く(kml)

SNAさんの日記に触発されて、ガパオ炒めご飯を食べてきた。

タイ王国
タイ王国

行ってきたのは、麻布十番のモンスーンカフェ。天窓や屋外テラスがある、なかなかシャレた店なのだ。ランチ圏内にあるので、ときどき通っている。

モンスーンカフェ
※天窓がある

モンスーンカフェのガパオ炒めご飯は美味しい

日本人が安心して食べられる味だ。逆に、タイのそれは安心して食べられない味だったわけだが、その話は割愛する。

鶏肉のガパオ炒めご飯
※鶏肉のガパオ炒めご飯・フライドエッグのせ(800円)

コショウの効いた鶏挽肉と野菜炒め、そして半熟卵の組み合わせは素晴らしい。さらにモンスーンカフェのタイ米は臭みがなく、これまた相性がいい。がぶがぶ食べられる。

ちなみにガパオとは、タイ産のバジルのこと
バイガパオ(ホーリーバジル)と呼ぶらしいが、その風味を私は識別できない。

アジアごはんガパオ

美味しかったけど、チト量が足りない。
なのでam/pm に立ち寄って、うわさのガパオおにぎりを買ってみた。かぶりついてみると、中から挽肉あんが出てきた。タレのような味わい。

アジアごはんガパオ
※アジアごはんガパオ(165円)

モンスーンカフェのガパオ炒めご飯もかなーり日本人向けに作られているけど、このおにぎりはその上を行く。ガパオ炒めご飯のイメージからは遠いけど、これはこれでウマイ。もぐもぐ。

ところで、ネット上での商品名は「とろ~り玉子のアジアン屋台風ごはん」だった。「ガパオをおにぎりで再現しました。」と書いてある。
タイ人が読んだらびっくりするだろうな。

エスニック料理は本場の味ほどキツイので、このくらいアレンジされている方がうまいと思うよ。

関連:

コメント (Facebook)

思考回廊 旅行
モンスーンカフェ / ガパオ炒めご飯