旅行  2006年11月22日(水) の東京都:南部 にて

神田川取水施設 / 都市型洪水を防ぐ地下の備え

(map)

[WGS84] 35.680298, 139.656564 - Google Earthで開く(kml)

神田川取水施設を見学してきた。

都市災害を未然に防ぐ「見えざる工夫」は素晴らしかった。
また、「社会科見学に行こう!」の主催者の方々にも会うことができて、楽しい1日を過ごすことができた。

神田川取水施設の見学

神田川取水施設とは、あふれそうになった川の水を地下調節池に取り込むための施設。6月に見てきた首都圏外郭放水路と同じ機能を有している。
細かい説明はともかく、写真を見てもらおう。

神田川取水施設
※えんえんと降りていく階段 深いよ!

神田川取水施設
※立坑のポンプ室 ここは地下46m

神田川取水施設
※ここが神田川・環状七号線地下調節池だ!

水をためるので「池」と呼ばれているが、要するに地下トンネルだ。
環七の地下40mの深さにあって、外径は13.7mに達する。シールドトンネルとしては世界最大の規模だ。

大雨がふると、このトンネルに水をためて、水害を防いでいたのだ

神田川取水施設
※トンネルの仕組みを説明してもらう

トンネル内では声が反響する。
人間が入ることを前提にしていないので、照明はない。係の人が持つ携帯ライトだけがたよりだ。とても強力なライトだが、それでもトンネルの奥までは照らせない
......なんとも広大な地下空間だ。

神田川取水施設
※奥の方で小さく反射しているのは作業用トラック

神田川取水施設
※連絡管渠を結ぶ気密扉 もし閉じこめられたら...

講演会「都市水害対策と河川再生は両立するか」

この日のプログラムは、午前中に現場見学、午後は講演会になっていた。
3時間におよぶ講演会だったが、思いのほかおもしろかった

土木工事と聞くと、まず「無駄なこと」「環境破壊」と考えてしまうけど、現実はもっと奥深いものだった。1つの哲学といってもいい。ここに詳しいことは書けないけど、もっと多くの人に知ってほしい話ばかりだった。

「社会科見学に行こう!」コミュ

お昼休みに、コミュニティからの参加者を見つけることができた。
いっしょにランチを食べて、帰り道にちらほらと話をした。

「社会科見学」は、これからもっと注目される活動かもしれない。

いろいろ楽しみになってきた。

関連:

コメント (Facebook)

思考回廊 旅行
神田川取水施設 / 都市型洪水を防ぐ地下の備え