[Edit]
[旅行2007年02月21日(水)の東京都:新宿副都心にて

ブーランジェリー・パティスリー・ヴィロン 渋谷店 / エクレールとマカロン

[WGS84] 35.660859, 139.696838 - Google Earthで開く(kml)

「VIRON のエクレアを喰いたい」と嫁が言うので買ってきた。

VIRON(ヴィロン)には以前にも朝食を食べに来たことがある。やたらめったら高級なパン屋(ブーランジェリー)だった。平日オフの帰り道、私はだいすけさん、ここあぽさんと店に立ち寄った。

■ブーランジェリー・パティスリー・ヴィロン 渋谷店 (Boulangerie Patisserie VIRON)
[住所] 東京都渋谷区宇田川町33-8 塚田ビル 1F
[電話] 03-5458-1770
[URL] http://www.zooom.jp/selection/detail.do?id=197

夕刻のVIRON は大盛況だった。うまそうなパンが並んでいたが、当初の目的に集中することにした。エクレア(=エクレール)は人気商品らしく、最後の数個だった。私の前にいただいすけさんが買い占めるんじゃないかと不安だったが、そんな意地悪ではなかった。ほっ。

ショーケース
※売り切れ直前だった

甘さも食感も上品なエクレール

シュークリームを食べると、エクレアがほしくなる。それは人体の神秘の1つ。美味しいシュークリームはよく話題になるが、エクレアはあまり見かけない。そんなわけで、VIRON のエクレアを試したわけだが……結論から言うと、イメージとちょっと違っていた。

エクレア
※エクレール(ショコラ&カフェ)の断面

表面はフォンダン(砂糖を結晶化したもの)でツヤツヤ。クリームたっぷりだが甘すぎない。パン生地は薄いがしっかりしている。全体的にとても上品な味わいだが……なにかが足りない。

そう、生クリームが入ってないのだ!

これはこれで美味しいけど、シュークリームに対抗するエクレアではなかった。

どぎついマカロン

エクレールと一緒に、ピスタチオ・マカロンも買った。その鮮烈な緑色は、目に焼き付くようだ。試しに切ってみたら、さらにスゴイことになった

マカロン
※ピスタチオ・マカロンの断面

マカロンとは、メレンゲ(卵白を泡立てたもの)に粉砂糖やアーモンドなどの粉末を混ぜて、焼き上げたお菓子。
VIRON のそれはハード系と呼ばれ、表面がカリッと堅いのが特徴。しかしその中身はブラウニーケーキのようにしっとりしていた。そして甘い。ピスタチオクリームの味など吹き飛んでしまう甘さだった。ある意味、期待を裏切らないヤツだった。

エクレールは、つまるところパン屋のお菓子だった。生地もフランスパン粉で作っているらしい。すごく上品で美味しいんだけど、ちょっと路線が違った気がする。
パン屋ではパンを買え、ということかもしれない。

次にVIRON に行くことがあったら、ふつうのパンを試してみよう。

Share

Next