旅行  2007年10月17日(水) の東京都:都心部 にて

大丸東京店 第72回 世界の酒とチーズフェスティバル / 常陸野ネスト, ヴァイスヴルスト, グラス

(map)

[WGS84] 35.680908, 139.768624 - Google Earthで開く(kml)

「大丸で、常陸野ネストが飲めるみたいですよ」

Micheさんから危険なメッセージが届いた。
常陸野ネストが勢揃いして、樽生も飲めるらしい。お酒は当分、自粛するつもりだったけど、このイベントは避けられないなぁ。というわけで、東京駅に行ってきた。

第72回 世界の酒とチーズフェスティバル ~大丸東京店
※大丸東京店:全館53年分の売りつくしセール中だ

大丸東京店は、東京駅八重洲口の鉄道会館ビルにある。
古いビル特有の重厚さ、圧迫感がある。このビルはもうすぐ解体される予定なんだってさ。

第72回 世界の酒とチーズフェスティバル ~大丸東京店
※グラントウキョウノースタワー:11月6日、大丸はここへ移転する

第72回 世界の酒とチーズフェスティバル

12階の会場に足を踏み入れる。どことなく重たい雰囲気。伊勢丹やタカシマヤとはちがう。会場の7割はワイン、2割がその他の酒、残り1割でチーズなどを扱っていた。
大きなワイン瓶を何本も買っていく人を見かける。常連さんかな?

第72回 世界の酒とチーズフェスティバル ~大丸東京店
※年配者も多いが、若者もちらほら

ベルギービールがお手頃な価格で!

「世界のお酒」なので、当然、ベルビービールも置いてあった。
よく見る銘柄もあれば、見たことのない銘柄もある。値段も悪くない。さらに試飲もできる。店員さんと話しながら、何種類か飲んでしまう。これで、買わずに帰れないのが小市民。
まぁ、ベルギービールを見たときから、買うことは決まっていたけどね。

第72回 世界の酒とチーズフェスティバル ~大丸東京店
※また3本、買ってしまった

エスプレッソスタウト(Espresso Stout) ~常陸野ネスト

常陸野ネストのコーナーでは、4種の生樽が飲めるようになっていた。
目玉は、国内はめったに出回らない輸出用のエスプレッソスタウト。さっそく注文する。1杯500円だ。

第72回 世界の酒とチーズフェスティバル ~大丸東京店
※色がちがう、泡がちがう、香りがちがう

飲んでみる。くけーーっ!
これはビールじゃない。エスプレッソそのものだよ。
うえー、とか言いながらぐびり。
かー、とか言いながらぐびり、ぐびり、ぐびり。

第72回 世界の酒とチーズフェスティバル ~大丸東京店
※ビールの範疇を超越してる

珈琲の味、苦さ、香りが強烈なんだけど、飲めちゃう。だんだんビールらしく感じてくる。飲める、飲めるよ。不思議なビールだ。でも、なんでもいいからツマミが欲しくなった。濃厚すぎる。

常陸野ネストを飲み比べ

10種類の銘柄が試飲販売されていた。
また店員さんと話しながら、あれこれ試させてもらう。こうしたフェアの楽しみは、珍しい商品より、店員さんとの語らいにあるよね。常陸野ネストの方針や各銘柄のちがいを教えてもらいながら、飲む。ちょっとずつだけど、だいぶ気分がよくなってしまった。
で、常陸野ネストも3銘柄を購入した。

第72回 世界の酒とチーズフェスティバル ~大丸東京店
※10銘柄そろうのは珍しいんだって

XH エキストラ・ハイ(Extra High)

コクのあるビール。香りもいい。店員さんに言わせると、まだ若いらしく、冷蔵庫で5年くらい熟成させるといいとか。

スイートスタウト(Sweet Stout)

甘いビールはないの? と聞いたら薦められた。まぁ、甘みはあるけど、ランビックのような甘さではなく、淡い感じ。

リアルジンジャー・エール(Real Ginger Ale)

ジンジャー(生姜)入りのビールだな。もっと強烈かと思っていたけど、軽い飲み口だった。

3本のベルギービール、3本の常陸野ネスト、ヴァイスヴルスト、それとグラスを1つを買ってきた。
とりあえず今夜、1本あけてみた。

グラス効果ばっちり

会場で、ベルビュー・クリーク(Belle-Vue Kriek)のグラスを買っきた。599円。前から欲しいと思ってたんだよね。
さっそく使ってみたけど、いいね。注ぎやすいし、泡立ちをコントロールできるし、香りも楽しめる。あと1つ、シメイ(Chimay Blue)の聖杯型グラスが欲しいな。

第72回 世界の酒とチーズフェスティバル ~大丸東京店
※わが家にグラスがやってきた

常陸野ネスト:バイツェン(Weizen)

買ってきた常陸野ネスト3銘柄の1つ。
細かな風味の描写は省略するけど、これ、気に入った
麦芽のコクがあるけど、きつくない。
アルコール度数は高くないのに一気に酔っぱらい、すっと抜ける。
ちょうどいいビールだ。

第72回 世界の酒とチーズフェスティバル ~大丸東京店
※私の好みにフィットした

どことなくオクトーバーフェスト日比谷で飲んだFranziskaner Hefe Weissbier Goldに似てるかな。

ミュンヘナー・ヴァイスヴルスト(840円)

「世界の酒とチーズフェスティバル」ではチーズを買わず、ヴァイスヴルストを買ってきた。ドイツで製造されたものを輸入販売しているそうだ。ヴァイスヴルストを食べるのはこれで3回目だ。

第72回 世界の酒とチーズフェスティバル ~大丸東京店
※豪勢な晩餐

もらってきたパンフレットにあった調理法を試してみる。お湯を沸騰させたら火を止めて、ヴルストを入れて約10分放置する。グラグラ煮立てないので、ふんわり、いい感じに出来上がる

丸パンマッシュポテトといっしょに食べる。ビールをぐびり。
......いいねぇ。

かなーり贅沢な晩餐でした。

コメント (Facebook)

思考回廊 旅行
大丸東京店 第72回 世界の酒とチーズフェスティバル / 常陸野ネスト, ヴァイスヴルスト, グラス