旅行  2007年10月31日(水) の東京都:池袋副都心 にて

上原酒店の地ビール

(map)

[WGS84] 35.764281, 139.682161 - Google Earthで開く(kml)

近所にも、ベルギービールや地ビールを売っている店が見つかった。

板橋区常盤台にある酒屋で、「上原酒店」という。
自転車でいける距離だけど、場所がわかりづらい。なのでカーナビのあるクルマで行くことにした。一方通行の路地に、その店はあった。
冷蔵庫を開けると、ベルギービールや地ビールがずらり並んでいた。初めて見る銘柄もある。なにより地ビールが豊富だった

地ビール
※上原酒店:ふつうの酒屋だ

"地ビール"ブームはとっくに去っていた

店のオジサンと少し話す。
オジサンによると、数年前まではいろんな酒屋が地ビールがあったのに、今は潮が引くように置かなくなったらしい。私にとって今まさにブームの地ビールだが、世間的なブームは去っていたのか。むぅ。
「地ビールを楽しんでもらうなら、やっぱり30銘柄はないとね」
とオジサンは語る。ポリシーがあるようだった。

リンデマンス フランボワーズ(Lindemans Framboise)

苦いビールがつづいたので、ランビックの甘いものを飲もう。
小さめのミニボトルがあったので、購入する。グラスに注ぐと、100%葡萄ジュースのような香り。しかし飲んでみると、葡萄じゃない。甘いんだけど、渋い。口の中がきゅーっとなる。これが木苺(フランボワーズ)の果汁なのだろうか? 甘いんだけど、ちょっと飲みにくいビールだった。

リンデマンス フランボワーズ
※木苺の果汁はこんな味?

パンプキンエール:舞浜地ビール工房(HARVESTMOON)

カボチャのビールである。
どんなもんじゃと飲んでみたが......うーん、カボチャの味はしないなぁ。するとしたら、カボチャの皮? 美味しくも、おもしろくもないビールだった。それはともかく、これってディズニーランドがある舞浜の地ビールだったのか。あんなところに醸造所があるとは知らなかったよ。

地ビール
※カボチャの味はしない

常盤台のブラックビール 麦芽100%

この常盤台って、どこ?
ラベルによると、新潟麦酒株式会社で醸造されている。しかしネットや本で調べても、「常盤台」銘柄は出てこなかった。(板橋区常盤台にある)上原酒店のオリジナル銘柄だろうか? オジサンに聞いておけばよかった。

地ビール
※素朴なラベル:「香ばしさと深い苦みをお楽しみください」と書いてある

おそるおそる飲んでみる。
この風味はなんだろう? コーヒーじゃないのに、コーヒーのような香ばしさがある。でもコーヒー味じゃない。どっしりコクがあって、苦みも渋みもあるが、さっぱり飲める。うん、いいね、気に入ったよ。掘り出し物だった。

「常盤台ビール」のことが気になる。
ほかにも種類があったし、また買いに行こうかしら?
なんか、上原酒店の罠にはまりつつあるかも......。

地ビールのブームは去ったが、私はまだ楽しめそうだ。

▼上原酒店
〒174-0071 東京都板橋区常盤台4-6-17
TEL: 03-3932-6489
URL: http://www5.ocn.ne.jp/~k.uehara/

コメント (Facebook)

思考回廊 旅行
上原酒店の地ビール