旅行  2008年04月13日(日) の千葉県 にて

あけぼの山農業公園 / チューリップフェスティバル

(map)

[WGS84] 35.896953, 140.007437 - Google Earthで開く(kml)

柏のチューリップを見てきた。

あんまり天気はよくなかったが、行けるときに行った方がいい。ついでの用事もあったので、クルマで行くことにした。途中、ららぽーと柏の葉で休憩して、昼過ぎに現地に到着した。

あけぼの山公園(あけぼの山農業公園)

柏市の市営公園。桜の名所として知られ、春には花見客でにぎわう。郷土資料館や日本庭園、アスレチック、温室などもある。敷地面積は24ヘクタール。えぇと、一辺が4.9kmの正方形と同じ面積だな。けっこう広い。

チューリップフェスティバル@あけぼの山農業公園
※展望台より:風車とチューリップが見える

まずは菜の花畑

チューリップが咲く風車広場に向かうと、菜の花畑が見えてきた。今が盛りのようだ。あまりにも黄色があざやかで、目がチカチカしてしまった

チューリップフェスティバル@あけぼの山農業公園
※おばけのような嫁

チューリップフェスティバル@あけぼの山農業公園
※菜の花畑の向こうに見える風車

チューリップフェスティバル@あけぼの山農業公園
※いちめんのなのはな

チューリップとビオラ

チューリップはまだつぼみで、花開いていなかった。しかしまぁ、このくらいがちょうどいいと私は思うけどね。色とりどりのチューリップ、その合間に背の低いビオラが植えられ、華やかだった。

チューリップフェスティバル@あけぼの山農業公園
※色とりどりのチューリップ

チューリップフェスティバル@あけぼの山農業公園
※まだ花開いていない

チューリップフェスティバル@あけぼの山農業公園
※上から見たところ

ずぐ、ずぐ、と畑の土に靴が沈む。ぬかるんでいるわけではないが、靴が泥で汚れてしまうのは仕方がない。しかしこんな風に畑を歩いていいのだろうか。ちょっと気になる。

チューリップフェスティバル@あけぼの山農業公園
※チューリップ畑を歩く

チューリップフェスティバル@あけぼの山農業公園
※ぼかしてみた

チューリップフェスティバル@あけぼの山農業公園
※中心はビオラだ

チューリップフェスティバル@あけぼの山農業公園
※15万本のチューリップがあるらしい

理由は知らんが、嫁はチューリップ(それも大量のチューリップが並んでいる光景)が好きなんだって。砺波チューリップ公園は季節がずれていて、今回も盛りというわけではなかったが、たくさんのチューリップを見ることができて満足したようだ。

郷土資料館@あけぼの農業公園

風車公園を抜けて、「あけぼの農業公園」に入る。あけぼの公園の中にもう1つ公園があるわけだ。どちらも市営なんだけど管理している課がちがう
ちなみに、チューリップフェスティバルのある風車公園やアスレチック、郷土資料館は「あけぼの農業公園」に属しており、面積も大きい。しかし全体としてはあけぼの山公園と呼ばれる。ややこしい。

チューリップフェスティバル@あけぼの山農業公園
※郷土資料館:この地域の農作業について

アスレチックや温室を見ていこうと思ったが、雨が降り出したので撤収する。

日本庭園@あけぼの山公園

その途中、日本庭園を見かけたので寄り道する。こちらはあけぼの公園に属している。なぜ日本庭園を造ったのだろう? よくわからない。ここの茶室・柏泉亭は、県内唯一の本格的な茶室らしいけど、なにをもって本格的とするのか。

チューリップフェスティバル@あけぼの山農業公園
※日本庭園で見かけた鴨

紅竜山東海寺(布施弁天)

雨宿りついでに布施弁天を訪れたが、ここは次の日記で述べる。

どこで利益を出すの?

チューリップフェスティバルは入場料をとらない。駐車場も無料だ。(私たちのような)けちな観光客は、1円も落とさず帰ってしまうけど、それでいいのかな? まぁ、行政のイベントだから採算度外視かもね。

チューリップフェスティバル@あけぼの山農業公園
※出店の収益で運営費をまかっているとは思えない

ともあれ、手軽にチューリップを楽しめるのはいいことだ。

■あけぼの山公園
[電話] 04-7167-1111
[住所] 千葉県柏市布施1940
[面積] 24ha
[URL] http://www.akebonoyama-nougyoukouen.jp/

コメント (Facebook)

思考回廊 旅行
あけぼの山農業公園 / チューリップフェスティバル