旅行  2008年05月23日(金) の東京都:都心部 にて

築地市場 洋食たけだ / マグロのホホ肉バター焼き

(map)

[WGS84] 35.663795, 139.769332 - Google Earthで開く(kml)

もうすぐ移転してしまう(かもしれない)築地市場を見学しておこう。

しかし事前調査が足りず、十分な見学はできなかった。なにより昼過ぎでは遅すぎる。場内の地図も用意しておくべきだった。
今回の教訓を糧に、いずれ早朝に来てみたいね。

築地散歩
※場内にはいるのは初めて

築地でなにを喰うか?

築地市場=鮮魚がうまいと連想しがちだが、実際はちょっと異なるらしい。築地で働く人たちにとって魚は商品であり、自分たちで食べるものではないからだ。もちろん新鮮な魚を使った料理も多いが、手軽にがっつり食べられる料理(牛丼やカレーなど)が発達しているらしい。
というわけで、今回は「洋食たけだ」を訪れてみた。狭いわりにメニューが多い。飾らない街の洋食屋だ。

築地散歩
※おなじみの洋食 たけだ

マグロのホホ肉バター焼き(900円)

嫁が注文。たけだの看板メニュー。いわきで食べたマグロのホホ肉丼を思い出すが、こっちの方がストレートにうまい。魚肉とは思えないジューシーさ。ほおばると、肉がほろほろ崩れていく。バター風味がまた泣かせる。味見した黒侠が大喜びしていた。

築地散歩
※バターがうまみを増幅してる

マグロの尾肉ステーキ(1,100円)

黒侠が注文。味見させてもらったが、うまかった。ホホ肉より食感がしっかりしている。言葉にすると「パサパサしてないツナ」なんだけど、味のイメージが伝わるだろうか(無理だろうな)。甘みのある醤油ベースのタレとマヨネーズの相性もばっちり。

築地散歩
※食べ終わると皿に、太い尾っぽの骨が残るよ。

マグロのトロステーキ(1,200円)

私が注文。キノコやタマネギ、ニンニクといっしょに炒めてあるが、もっともマグロの風味がする。悪くはないが、ほか2点には一歩も二歩もゆずるかな。でも、具とタレをごはんにかけて食べたら旨味が増した。下品に食べる方がうまいよ。

築地散歩
※3つの中では、もっとも魚に近い

ごはん大盛りで、味噌汁もうまい。がつがつ喰える。カレーがけやアスパラフライをトッピング注文してもよかったな。それにつけても魅力的なメニューが多い。メカジキのバター焼きやカキバター焼きも食べてみたい。これはヒットだった。
築地といえば鮮魚(寿司か海鮮丼)という連想はあらためよう。

■洋食たけだ
[住所] 東京都中央区築地5-2-1 築地市場内8号館
[電話] 03-3450-1006
[休み] 日祝および市場休日

場内を歩く

市場は終わっているが、せっかくなので見ていこう。

築地散歩
※ちらちらと働いている人影が見える

築地散歩
※早朝はどんな様子なんだろ

築地散歩
※地図がないと迷ってしまうな

築地散歩
※並んだフォークリフト

築地・波除稲荷神社

築地市場に隣接する神社に立ち寄る。350年前の埋め立て工事で波風を鎮めたとされる神社だ。稲荷神社なのに石狐より獅子が目立っていた。

築地散歩
※巨大な「お歯黒獅子」

■波除稲荷神社
[住所] 東京都中央区築地6丁目
[歴史] 1659年(万治2)創建
[URL] http://www.namiyoke.or.jp/

コメント (Facebook)

思考回廊 旅行
築地市場 洋食たけだ / マグロのホホ肉バター焼き