旅行  2008年06月07日(土) の埼玉県 にて

舟和本店浦和工場 / 2級品でも味は1級

(map)

[WGS84] 35.859581, 139.602974 - Google Earthで開く(kml)

千貫樋水郷公園の帰りに、舟和本店浦和工場に立ち寄った。

予定していたわけではなく、たまたま橋から看板が見えたからだ。駐車場に車を止める。工場は静かだが、直売所は年中無休で9時から17時まで営業しているようだ。

舟和本店浦和工場に寄り道
※舟和本店浦和工場

すぐれもん(2級品:5個入り315円)

「ココでしか手に入らないものはあります?」と尋ねると、「2級品かな」と教えられた。店頭に並べられない不揃いな商品を安く売っているわけだ。というわけで、すぐれもんを買ってみた。店頭だと1個158円だから790円分。475円も安い。

舟和本店浦和工場に寄り道
※レモン風味の白あんが入った洋風饅頭

酸っぱすぎず、甘すぎず、意外においしい。店頭じゃ買わなかっただろうから、いい買い物をしたな。その場で2個食べて、残りは冷蔵庫で冷やして食べた。冷やすとなおおいしい。

あんこ玉+芋ようかんの詰め合わせ(850円)

舟和と言えば芋ようかん。それに今日は、あんこ玉をつけてみた。寒天に包まれたあんこ玉。思っていたほど甘くない。うん、これもいいね。

舟和本店浦和工場に寄り道
※あんこ玉を食べるのは何年ぶりだろう

  • 小豆 ... さっぱりした甘さ。あんこ玉の基本にして究極だな。
  • コーヒー ... いわゆるコーヒー味じゃなくて、珈琲豆の風味がするよ。
  • 杏 ... 酸っぱい。単体では好きになれないが、口直しにはいいかも。
  • 苺 ... 苺大福のあんを食べているみたい。苺の風味はすれども実体がない。
  • いんげん ... これが一番甘い。
  • 抹茶 ... ほんのり苦い。抹茶という感じはあまりしない。

芋ようかんは変わらず美味しさだった。そう言えば、芋ようかんを温めてバターで食べる日記を見かけた。試してみたいが、バターがないよ。

くず餅(420円)

あと1品、くず餅を買った。さっくり、さっくり、お好みのサイズに切っていく。いろいろ試したところ、やや大きめに切って、きなこより黒蜜を多くかけてかぶりつくのが好み。くず餅にも素朴な弾力がある。

舟和本店浦和工場に寄り道
※あまり小分けにするより、かぶりついた方がうまい

原材料を見ると小麦澱粉とある。東日本のくず餅は小麦粉から、西日本は本葛からできている物が多いというが、どんな違いがあるんだろう? いずれ食べてみたいな。

■舟和本店浦和工場直売店
[住所] さいたま市桜区大久保領家通前740
[電話] 048-852-3351

コメント (Facebook)

思考回廊 旅行
舟和本店浦和工場 / 2級品でも味は1級