旅行  2008年11月20日(木) の千葉県 にて

TEPCO新エネルギーパーク / 富津火力発電所の夕暮れ

(map)

[WGS84] 35.348714, 139.833751 - Google Earthで開く(kml)

富津火力発電所に無料のピーアール施設があるので、立ち寄った。

前々から前々から火力発電所を見学したかったんだよね。
浦賀ハイキングのとき、横須賀火力発電所を見学したかったけど、コースから外れるので見送っていた。なので今日は、富津火力発電所のピーアール施設に立ち寄った。
広大な埋め立て地の中をクルマで走るのは気持ちよかった。

TEPCO新エネルギーパーク - 富津火力発電所
※富津火力発電所の煙突(実際は蒸気しか出ない)

細長~いフロアに2人きりの客

立派な施設で、とても広かった。展示をすべて1階に集め、ずぅーっと奥までつづいている。
私たちのほかに客はいなかったが、数メートルおきにお姉さんが立っているので、いささか緊張した。

TEPCO新エネルギーパーク - 富津火力発電所
※土地に余裕があるフロア構成だ

コンバインドサイクル発電(Combined Cycle)

火力発電は、石油を燃やした熱で水を沸騰させ、蒸気タービンをまわして発電するものと思っていたが、最近はもっと進んでいた。石油より安価な天然ガスを燃焼させてガスタービンをまわし、その排気ガスを回収して蒸気タービンをまわしていた。言葉で説明してもわかりにくいが、CGや模型、ビデオなどを見ることで理解できた。おもしろかった。

TEPCO新エネルギーパーク - 富津火力発電所
※液化天然ガス(LNG)のタンク

やや、モッタイナイ感じ

TEPCO新エネルギーパークの延べ床面積は1,795平米。
ブースが直線に並んでいるため、最後まで見たら同じコースを戻ってくることになる。都内では考えられない、余裕の造りだね。
展示内容は、TEPCO銀座館や& lt;a href="http://trynext.com/travel/071019-1300.php">渋谷の電力館に近いけど、規模が大きい。その分、広い範囲で電気、エネルギー、環境のことを説明している。それはそれでよいのだが、ここは火力発電所なので、火力発電に関する展示がもっとあるべきではないか?
どうにもピーアール施設は本分を外す傾向があるようだ。

TEPCO新エネルギーパーク - 富津火力発電所
※180度スクリーンに投影する「風の部屋」

TEPCO新エネルギーパーク - 富津火力発電所
※ソーラーカーを運転する

TEPCO新エネルギーパーク - 富津火力発電所
※風力発電設備(手前から垂直軸型風車、プロペラ型風車、サボニウス風車)

■TEPCO新エネルギーパーク - 富津火力発電所
[所在地] 千葉県富津市新富25
[連絡先] 0439-87-9191
[料金] 無料
[URL] http://www.tgn.or.jp/enepark/

もう少し早ければ、火力発電所内をバスで見学できたみたい。
それは見てみたかったな。
横浜火力発電所の「トゥイニーヨコハマ」では、火力発電所の見学と煙突展望台に登ることができるみたいだから、いつか行ってみたい。

(追記)2008年11月22日(この2日後) 横浜火力発電所「トゥイニーヨコハマ」を見学してきました。

コメント (Facebook)

思考回廊 旅行
TEPCO新エネルギーパーク / 富津火力発電所の夕暮れ