旅行  2009年09月26日(土) の山梨県 にて

旧勝沼駅 / EF64-18車輌内部を拝見

(map)

[WGS84] 35.671415, 138.743007 - Google Earthで開く(kml)

8時42分、勝沼ぶどう郷駅に到着。

ウォーキング開始まで20分あるが、すでに参加者が列を成していた。電車の本数が少ないせいもあるが、早い人は早いね。
受付を済ませ、隣接する旧勝沼駅公園に展示されていた電気機関車(EF64-18)を見学する。

電気機関車 EF64-18

かつて中央本線を走っていた車輌だ。柵もないし、細部も現役のまま残っている。ただ停車しているみたい。イベント開催に合わせて、車輌内部が解放されていた。

EF64-18
※保存展示されているEF64-18

EF64-18
※ハシゴで社内へ

EF64-18
※車輌内部は狭い

EF64-18
※運転席

無料ガイドに参加

無料ガイドがあったので参加する。観光課の職員さんが、休日はボランティアで活動しているらしい。ありがたいこっちゃ。
案内してくれたのは、旧勝沼駅から大日影トンネルの入り口まで。短いけど、口頭で説明されるとわかりやすい。河川隧道やレンガ水路を見落とさずに済んだ。

大日影トンネル遊歩道を歩いた
※ガイドさんの説明を聞く参加者

大日影トンネル遊歩道を歩いた
※大久保沢河川隧道(すいどう):深沢口までつながっている

沢をまたぐように石段をのぼると、大日影(おおひかげ)トンネル遊歩道が出てきた。勝沼ぶどう郷駅から10分もかからない。こんな近くに、しかもコースの序盤にあるとは思わなかった。

コメント (Facebook)

思考回廊 旅行
旧勝沼駅 / EF64-18車輌内部を拝見