(map)

[WGS84] 39.716917, 140.125213 - Google Earthで開く(kml)

昨日食べられなかった稲庭うどんを食べていこう。

食べたら秋田を出発する。十分に観光できたとは言えないが、あまり時間がない。今日は湯沢を経由して、山形へ行くのだ。
立ち寄ったのは「無限堂」。

無限堂
※無限堂:外観は和風だが

無限堂
※内装はエスニック

稲庭うどん

稲庭うどんは、秋田県南部で作られる手延べ製法の干しうどん。麺は細く、平たい。つるつるして、のどごしがいい。ひやむぎに似ている。
日本三大うどんを、これでコンプリートしたことになる。

日本三大うどん

無限堂:二味うどん
※二味うどん(760円)

無限堂:無限うどん
※無限うどん(900円)

つるつるつる......。稲庭うどんは一般に流通してるから、珍しいわけじゃない。ただ、その軽い食感は印象的だった。あっさり食べられるのだが、反面、食べ応えがない。おいしいけど、値が張るような気がする。稲庭うどんが一般的すぎるから、そう感じるのだろう。

秋田駅ぶらり

食後、秋田駅の周囲を歩いてみる。イトーヨーカ堂秋田店が、閉店売り尽くしセールをやっていた。10月11日に閉店し、30年の歴史に終止符を打つそうだ。ううーん。
秋田ステーションビル・トピコの2階、みやげ屋敷 咲蔵で「あきたこまちバニラ」を買った。その名のとおり、あきたこまち(お米)が入っているジェラート。つぶつぶの食感はおもしろかった。

イトーヨーカ堂秋田店
※もうすぐ閉店するイトーヨーカ堂秋田店

あきたこまちバニラソフト
※みやげ屋敷 咲蔵:あきたこまちバニラソフト(180円)

秋田市のマンホール
※秋田市のマンホール

さて、秋田を出発しよう。
秋田から山形までは、酒田を経由すれば3時間44分(234km)。しかし酒田と鶴岡に立ち寄る時間はない。よって今回は湯沢を経由する4時間6分(206km)のコースにする。これで、湯沢の「七夕絵どうろうまつり」にも立ち寄れる。今回のドライブは徹底的に夏祭りにこだわることにしよう。
その途中、横手で降りて、横手やきそばを食べた。


コメント (Facebook)

思考回廊 旅行
無限堂 / つるつる稲庭うどん