旅行  2011年08月20日(土) の山梨県 にて

北杜市明野サンフラワーフェス2011 / しょぼくれてもひまわり

(map)

[WGS84] 35.779543, 138.461923 - Google Earthで開く(kml)

明野のひまわりは、予想どおりしょぼくれていた。

今日だけでなく、連日太陽が顔を出してなかっただから無理もない。おまけにいまも曇天で、雨もぱらついている。
明野のひまわり畑は、そりゃもう素晴らしい写真がいっぱい撮影されているが、今日は無理そう。でもまぁ、それも一興。駐車場代300円を払って、立ち寄ることにした。

うつむいたひまわり
※うつむいたひまわり

北杜市明野サンフラワーフェス2011

山梨県北杜市(ほくとし)明野町(あけのちょう)は、日照時間が長い土地を活かして、86万本のひまわりが咲き誇る「明野サンフラワーフェス」が開催している。今年で20周年。開花時期をずらしたひまわり畑が数ヶ所あって、7月下旬から8月下旬まで鑑賞できる。

明野サンフラワーフェス2011明野サンフラワーフェス2011
※明野サンフラワーフェス2011パンフレット

メイン会場の左側

私たちが訪れたときに咲いていた畑は2つ。まずは茅ヶ岳広域農道に面した奧の畑から鑑賞する。パンフレットを見たが、とくに名前がないようだ。
こちらの畑のひまわりは、中心部が茶色くなっておらず、巨大な菊のようなひまわりだった。なんというか、顔がないような印象だ。
しかし駐車場の下にあるひまわりより前を向いていて、写真うつりはよい。

こちらのひまわりは前を向いている
※こちらのひまわりは前を向いている

中央部分が茶色くないため、巨大な菊のよう
※中央部分が茶色くないため、巨大な菊のよう

顔がないような<br />
※顔がないような

水滴
※水滴

噛まれそう
※噛まれそう

後頭部
※後頭部

後頭部
※後頭部

だいたい子どもの背丈くらい
※だいたい子どもの背丈くらい

女の子のカップルがずっといちゃついていた
※女の子のカップルがずっといちゃついていた

駐車場の下

畑の名前がわからない。あとで知ったことだが、「幸せを呼ぶリボン」のある畑だ。農道を下りて、近くで見てみた。

駐車場の下に広がるひまわり畑
※駐車場の下に広がるひまわり畑

ひまわりらしい顔をしてるが、みんな、うつむいている
※ひまわりらしい顔をしてるが、みんな、うつむいている

畑の中に入っていけるが、ごちん、ごちんと花にぶつかる<br />
※畑の中に入っていけるが、ごちん、ごちんと花にぶつかる

ひまわりの花は大きく、重みがあるため、ぶつかると痛い
※ひまわりの花は大きく、重みがあるため、ぶつかると痛い

あとで意味がわかる<br />
※奥の方は色のちがうひまわりが:あとで意味がわかる

一脚で空中撮影
※一脚で空中撮影:ひまわり後頭部まつり

これはこれで楽しい
※これはこれで楽しい

みーんな、うつむき
※みーんな、うつむき

幸せを呼ぶリボン

駐車場に戻って畑を見下ろすと、巨大なリボンが見えた。名付けて「幸せを呼ぶリボン」。東日本大震災へのエールとして、明野小学校三年生一同が植えたものだった。これもネットで写真を見ると、晴れた日はとても美しかった。雨の日に見ると、幸せは遠のきそうな気になるが、めげちゃ駄目だ。

幸せを呼ぶリボン
※幸せを呼ぶリボン

農道に咲いていたふつうのひまわり
※農道に咲いていたふつうのひまわり

もう少し見ていたかったが、また雨が降ってきた。けっこう強い。さいわい駐車場にいたからすぐ避難できた。車の中で、タオルで顔などをぬぐう。濡れてばかりでタオルが足りなくなってしまった。
見ると、靴が泥で汚れていた。畑を歩いたせいだ。こりゃ帰宅後にマットを洗う必要があるな。

どじゃー
※どじゃー

さて、これ以上粘っても意義はなさそうだ。車を発進させ、明野ふるさと太陽館に向かった。信州ドライブ3日目、最後の温泉である。

コメント (Facebook)

思考回廊 旅行
北杜市明野サンフラワーフェス2011 / しょぼくれてもひまわり