旅行  2013年05月05日(日) の東京都:都心部 にて

100%チョコレートカフェ / チョコソフトにはチェイサーを

(map)

[WGS84] 35.676611, 139.769052 - Google Earthで開く(kml)

 黒侠がもう少し時間をつぶしたいと言うので、100%チョコレートカフェに案内した。

 100%チョコレートカフェの日記を書くのは6回目。日記を書いてない訪問もあるから、東京駅に来るたび立ち寄っているように思う。
 はじめて訪れた黒侠は、女子向けの空間に戸惑っていたが、チョコはチョコでじっくり堪能した。

100%チョコレートカフェ
※女子とカップルの楽園

野郎どものチョコレートタイム

 祝日のせいか、やたら客が多かった。席が少ないため、店内で食べていきたい人は待つことになる。さいわい私たちは窓際の席を確保できたが、次から次へと訪れるカップルが「満席です」と説明され、がっくりするさまを見るのはつらかった。
「もう少し席を増やせばいいのに」
 と黒侠は言うが、ここは直営のアンテナショップだし、平日はそれほど客も多くないから、これ以上を求めるのは酷だろう。
「ここの店員さんはかわいいけど、明治の社員かな?」
 黒侠に問われても、私にわかるわけがなかった。

私たちの注文
※私たちの注文

チョコロネの食べ方論争

チョコロネ
※定番のチョコロネ

 黒侠はチョコロネ(300円)2本を注文し、フレッシュチョコレートの風味に感動する。そうだろう、そうだろう。
 黒侠はしっぽをちぎって食べていたので、私は「邪道だ」と言った。黒侠は「チョコとパンの比率を保つにはこうするしかない」と言う。チョコロネの食べ方論争だ。
 そのとき、フレッシュチョコレートが黒侠の腹に落ちた。けっこうなボリュームだったので、「ずしっと来た」とうめく。あわれな。すくい取れない分を紙ナプキンで拭くけど、そこだけチョコレート色に染色されていた。いい記念になったな。

チョコロネ
※ずしっと来た

チョコソフトはチェイサー必須

 私はチョコレートソフトクリーム(370円)を食べた。見た目はふつうのバニラソフトだが、味は濃厚なチョコレート。冷たいのにわかるほど強い。なので喉が渇く。お冷やをチェイサーとして飲んで、中和する。すさまじいチョコレートだ。

チョコレートソフトクリーム
※チョコレートソフトクリーム

チョコロネは味が変わった

 お土産にチョコロネを2つ買って帰る。おいしいけど、昔の記憶とちがう。ビゴの店からパンを仕入れなくなったのは残念だ。メニューのバリエーションも減ったしね。

お土産
※嫁へのお土産チョコロネ

はやってるの?

 久々に100%ChocolateCafe.のホームページを開く。デザインが簡素化され、情報が減っていた。ネットショップも今年3月で終了している。食べたい人はリアル店舗に行くしかない。リアル店舗をすべて閉じたハーゲンダッツとは逆路線だ。
 規模縮小かと思いきや、東京スカイツリーに出店している。はやってるのか、はやってないのか。まぁ、はやってほしいわけじゃなく、私が食べたいときに営業していれば、それでいいんだけどさ。

100%ChocolateCafe.のホームページ

 ともあれ、チョコレート欲求は十分に満たせた。よきかな。

コメント (Facebook)

思考回廊 旅行
100%チョコレートカフェ / チョコソフトにはチェイサーを