[日記2004年10月18日(月)に思った健康のこと

貧乏はゼイタクだ

住まい 食事
更新日:2020年08月31日(月) 04:02 [Edit]
貧乏はゼイタクだ

数ヶ月前、私は天からの啓示を受け「貧乏ライフ」に目覚めた。

詳しい話は省くが、粗食、手作り、ホームメイドといった生活にアコガれるようになったのだ。そのキッカケとなったのが下記サイト。

「2003年7・8月合併号」に、七輪のことが書かれていた。七輪(炭火)で秋刀魚を焼く。茸、餅、芋なども焼く。そして暖をとる。……七輪のある暮らし。それは、貧乏ライフの象徴だった。

そして昨日、私は秋刀魚と七輪を手に入れた。
「ついに手に入れたぞ! はははーっ!」
気分はもう、飛行石とラピュタを手に入れたムスカ大佐だった。はやる心を抑え、私は七輪に着火した。

結論から言うと、失敗だった。すごい炎と煙が立ちのぼったのだ。このままでは通報されると判断した私は、やむなく鎮火した。七輪は使えなかった。少なくとも、集合住宅では無理だったのだ。
(どうして気がつかなかったのか? ばかばかばか!)
貧乏ライフに必須アイテムと思っていた七輪。しかし七輪を使うためには、田舎に大きな家を持ち、ゆとりある暮らしをしなければならない。それは究極のゼイタクではあるまいか? まだ早かったのだ。まだ七輪を使う資格がなかった。でもいつか……必ず……。

で、七輪はあきらめて、ふつうにコンロで秋刀魚を焼いて食べた。刺身も作って食べた。美味しかった。ヘコんだ気持ちが、ちょっと癒された。

関連エントリー