健康イエローカード

2005年 健康 タバコ 健康
健康イエローカード

自分でいうのもアレだが、私は"青春まっさかり"である。精神的なイキオイは、高校生のころから変わっていない。社会に出てからも、一気に駆け抜けてきた感じがする。
しかしその間、身体はモニタの前に固定されたままだった。

2002年の夏、体調を崩した私は人間ドックに行った。その成績たるや、惨々なものだった。肝臓と腎臓が《危険領域》に入っていると指摘されたのだ。

──肝臓は沈黙の臓器である。
まったく自覚症状がないまま、静かに悪化していく。ひとたび発症すると、もう元には戻らない。
スペアのない機械のようなものだ。1人につき1個ずつ装備されている。壊れたら、オシマイ。修理することも、取り替えることもできない。壊れたまま、生きていくしかない。

身に覚えのある方は、「肝臓病」や「糖尿病」の本を図書館で借りてくるといい。そこには、自分の人生のバッドエンドが描かれている。なまじのホラーより怖い話なのだ。

ターミネーターではないが、未来を変えなければならない。
予言された「発症の日」を回避するため、私は努力を開始した。たばこをやめて、早朝の散歩をして、味覚を変えて、ダイエットした。その結果、体重と体脂肪率は、まぁまぁの数値まで下げられた。2004年の健康診断でも、《注意領域》まで復帰していた。
イエローカードでも、十分にうれしい。

ところが、仕事が忙しくなると、また体調が悪化してしまった。
肝機能の数値は不明だが、体重は元に戻っている。ぐはぁ。
まさに"命を削って仕事をしている"というわけだ。
冗談じゃない!
なんとかしなければならない。

  仕事が順調 → ゆとりができる → 健康になる
  仕事が危機 → 限界まで踏ん張る → 体調を崩す

という図式になっている。
構造改革が必要なのだが、そのためにもライフゲージが消耗される。やばいベルトコンベアに乗っているような感じだ。できることはやっていくけど、それでは足りない。
荒療治が必要だ。
……というわけで、断食道場に行くことが決まったのである。

関連エントリー

たばこと国家

たばこと国家

2009/12/23 * 政治・経済
健康診断に行ってきた

健康診断に行ってきた

2004/10/06 * 健康
JT、タバコ23銘柄を廃止

JT、タバコ23銘柄を廃止

2011/05/13 * 政治・経済
タバコを吸う女の夢

タバコを吸う女の夢

2010/09/30 * 健康
終わってるよ

終わってるよ

2007/05/21 * 社会
タバコを吸う夢

タバコを吸う夢

2005/08/14 * 健康
実感できる健康

実感できる健康

2005/04/25 * 健康
禁煙365日

禁煙365日

2005/03/24 * 健康
禁煙して202日

禁煙して202日

2004/10/12 * 健康
目覚めの白湯

目覚めの白湯

2016/10/25 * 健康
寝疲れする今日このごろ

寝疲れする今日このごろ

2015/04/21 * 健康
冷える40代

冷える40代

2015/03/27 * 健康