[日記2007年12月16日(日)に思った科技のこと

iMacを買った

Apple 物欲
更新日:2014年03月31日(月) 16:19 [Edit]
iMacを買った

ついに、iMacを買った。

自分専用としては、10年ぶりくらいのMacintoshだ。
もともと私はMacユーザーで、マルチメディアスクールでMacintoshの講師をするほど使い込んでいた。しかし仕事の必要に迫られ、Windowsへ移行した。ちょうど Mac OS X の到来と入れ替わりだった。

あれから世界は大きく変わった。
いろんなサービスがWeb上で提供されるようになり、MacintoshとWindowsの親和性は驚くほど高まった。現時点でも、仕事をするならWindowsしか選択肢はないのだが、いくつかの機能はMacintoshに移しても問題ないように思えた。

では、どのくらいMacintoshが使えるのだろう?
それを確かめるため、私はふたたびMacを使うことにした。

Apple Storeで購入。HDDを500GBにアップグレード。Leopard(Mac OS X v10.5)はインストールされておらず、添付ディスクでアップグレードすることになっていた。

20インチ iMac (MA877J/A)

2.4GHz Intel Core 2 Duo
1GB 667MHz DDR2 SDRAM - 1x1GB
500GB Serial ATA Drive
SuperDrive 8x (DVD±R DL/DVD±RW/CD-RW)
Apple Mighty Mouse / Apple Keyboard (JIS)

外観 ~文句なし

箱から出して、机の上に置いてみる。
むぅ、やはりスタイリッシュよのぉ。ケーブルは少ないし、細かいところまできれいに仕上がっている。私はあまり見た目にこだわらない方だが、それでも感心してしまうな。

極薄キーボード ~配置の違いに戸惑う

極薄のアルミ板になったキーボードを試す。デザインもいいが、打鍵感も悪くない。しかし久しぶりなので、ショートカットに戸惑ってしまう。Macintoshのcommandキーは左親指で押すべきなんだけど、Windows のくせで左小指を使ってしまう。これはちょっと厳しい。ブラインドタッチがあだになってしまった。

Mighty Mouse ~微妙

スクロールボールは使いやすい。しかし右クリックは厳しい。クリックにコツがいるのか、思うようにコンテクストメニューが出てこない。これは使い慣れたマウスに交換した方がいいかもな。

Finderまわり ~未知なる世界

Finderの使い勝手は大きく変わっていた。昔のフォルダウィンドウの面影はなく、かなり戸惑う。しかしまぁ、だんだん慣れてきた。iTunes と 同じ cover flow も、ときどき便利だ。

Time Machin や Spaces の使い勝手は未知数。
ま、少しずつ試していこう。

関連エントリー