TBSドラマ特別企画 太宰治物語 Tales of Osamu Dazai

2005年 日本映画 3ツ星 実話に基づく

ふらふら歩く太宰より、ストーリーがふらふらしてる

豊川悦司演じる太宰治は、かなりいい。誰かと一緒にいても、いつも心は遠くにあって、どうやっても満たされない男。そのくせ退廃的な魅力を放っている。その声、その眼差し、その歩き方がたまらない。
真実(生きること)を求める気持ちが強すぎて、現実(生活すること)から遠ざかっていく太宰治から目が離せない。

しかしストーリーはまとまりがなかった。「明るい太宰を描く」と宣伝されていたが、ぜんぜん明るくないし、暗くもない。どのくらい史実に忠実なのかわからないけど、おもしろくないのでは意味がない。
どの事件が、どの作品に、どのように反映されたかを、多方面から分析してほしかった。

太宰治のキャラクターがよかっただけに、惜しまれる。

関連エントリー

インポッシブル

インポッシブル

2012年の外国映画 ★2
アフターマス

アフターマス

2017年の外国映画 ★2
アンストッパブル

アンストッパブル

2010年の外国映画 ★3
ボヘミアン・ラプソディ

ボヘミアン・ラプソディ

2019年の外国映画 ★3
アメリカを震撼させた夜

アメリカを震撼させた夜

1975年の外国映画 ★4
俺たちに明日はない

俺たちに明日はない

1967年の外国映画 ★3
ブラック・ウォーター

ブラック・ウォーター

2007年の外国映画 ★2
フレンチ・コネクション

フレンチ・コネクション

1971年の外国映画 ★3
死霊館

死霊館

2013年の外国映画 ★2
ジョーズ-恐怖の12日間

ジョーズ-恐怖の12日間

2005年の外国映画 ★2
戦場のレクイエム

戦場のレクイエム

2007年の外国映画 ★2