刑事コロンボ #45 策謀の結末 Columbo: The Conspirators

1979年 海外ドラマ 3ツ星 倒叙 刑事・警察 推理

「ここまで。ここを過ぎず...」

あらすじ

ジョー・デヴリンは有名な詩人。裏では過激派(アイルランド革命派)に武器を密輸していた。仲買人が金を横領していたため射殺。現場に自分のサイン入りの本があったため、コロンボがやってくる。詩人は知らないと突っぱねる。

詩人は殺人現場を訪れ、コロンボに適当な言い訳を伝える。ふたりは推理ごっこをして、仲良くなる。コロンボは密輸があったことに気づき、捜査を絞り込んでゆく。仲買人が死んだこととで、密輸にも支障が出る。

コロンボは推理を披露する。被害者の横に転がされた瓶に「ふさわしき贈り物を」のラベル。これは裏切り者に死を与えたというユーモア。瓶にはダイヤの傷跡。詩人がどの瓶にもつけていた。武器は船ではなく、ダグボートに積まれていた。ダグボートに企業のマークがあった。

犯人が酒を勧めると、コロンボは瓶に線をひく。
「ここまで。ここを過ぎず」
(おわり)

計画性のない犯罪で、決め手が「犯人のクセ」と、ミステリーとしての魅力は乏しい。また犯人はただの悪人で、「もうひとつの正義」を語る資格もない。しかし優美な言葉遣いはおもしろく、家弓家正さんの声もあって魅了される。まぁ、詩人のひとり語りが長すぎるとは思うが。

コロンボが興じるのはピンボール、ダーツ、刺繍、五形詩。車がちゃんと走って、空撮されたのも驚き。
シリーズ最終回になるが、最後のセリフがよかった。

関連エントリー

1979年 海外ドラマ 3ツ星 倒叙 刑事・警察 推理
刑事コロンボ #04 指輪の爪あと

刑事コロンボ #04 指輪の爪あと

Columbo: Death Lends a Hand
1973年の海外ドラマ ★5

コロンボのさりげない調査、誘導。 シリーズ初期の傑作。犯人は探偵社の社長。成功者だが悪辣であり、コロンボを見下していたが、傲慢と短気によって破滅していく。痛快だ ...more

刑事コロンボ #03 構想の死角

刑事コロンボ #03 構想の死角

Columbo: Murder by the Book
1971年の海外ドラマ ★3

逮捕はできたけど。 ストーリー ケンとジムは、コンビのベストセラー作家。じっさい書いてるのはジムだけで、コンビ解消したいと言われたため殺害を決意。 ケンはジムを ...more

刑事コロンボ #02 死者の身代金

刑事コロンボ #02 死者の身代金

Columbo: Ransom for a Dead Man
1971年の海外ドラマ ★4

少しずつ見てくる動機と人間性。 ストーリー 犯人は美人弁護士レスリー。夫を殺害後、録音・編集された声を使って誘拐事件に見せかけた。身代金をせしめ、夫殺害時のアリ ...more

刑事コロンボ #01 殺人処方箋

刑事コロンボ #01 殺人処方箋

Columbo: Prescription : Murder
1968年の海外ドラマ ★4

コロンボが若い、パリッとしてる。 本作は2018年、【ゆっくり文庫】で動画化している。 思ったことはだいたい編集後記に書いてある。 【ゆっくり文庫】刑事コロンボ ...more

刑事コロンボ #44 攻撃命令

刑事コロンボ #44 攻撃命令

Columbo: How to Dial a Murder
1978年の海外ドラマ ★2

難事件ではない。 犯人の計画はずさんで、たやすく立証されてしまう。しかしそのことをコロンボが指摘したのは白眉。いつも難事件ってわけじゃない。 序盤は低姿勢だった ...more

刑事コロンボ #19 別れのワイン

刑事コロンボ #19 別れのワイン

Columbo: Any Old Port in a Storm
1973年の海外ドラマ ★4

「刑務所は結婚より自由かもしれませんな」 あらすじ ワイン醸造会社経営者のエイドリアンは、ワインに生涯を捧げてきた。しかし工場の権利を持つ弟リックが、エイドリア ...more

ページ先頭へ