[レビュー2018年09月26日に発表された 

Path to Mnemosyne (PC) Path to Mnemosyne

ゲーム:パズル 異世界に召還 記憶操作
更新日:2020年08月31日(月) 03:51 [Edit]

雰囲気はよい

 手書きの2D背景をシームレスに拡大・縮小させることで、奥と手前へ行き来する独特のパズルゲーム。ところどころで横移動できるが、主人公の位置は変わらない。パズルは大したものじゃないが、瞬間移動で位置を見失いタメ、ややストレスる。直進するだけでいいのにと思うが、それはそれで退屈だったか?

 サイケデリックな背景がつづき、なにか意味があるんだろうと考えるが、案の定、曖昧なまま終わる。エンディング分岐もない。そうだろうと思っていたが、やっぱりだ。
 仕組みはいいが、それを活かす世界観がない。スタッフが足りなかったようだ。残念。



Steam: Path to Mnemosyne

関連エントリー