Never Alone (PC) Never Alone (Kisima Ingitchuna)

2014年 ゲーム 3ツ星 文学・古典・童話

まだ絵本に勝てない

北極海沿岸の先住民族イヌピアットの口頭伝承をゲームにしたもの。ゲームの題材としてイヌピアットが選ばれたのではなく、イヌピアットを支援するNPOが彼らへの理解を深める手段として、ゲームという表現方法が選ばれたらしい。ゲームの進行に合わせて資料映像がアンロックされる仕掛けは、単純だけど興味を刺激される。教育ツールとしておもしろい試みだと思う。

しかし一介のゲーマーにとしては、抑揚のない展開に困惑する。『Brothers - A Tale of Two Sons』(2013)のように言語にたよらず、共感しやすいストーリーだったらいいのに。似たようなシーンがつづき、抑揚がないため、2,3時間でクリアできるにもかかわらず冗長に感じた。
途中、パートナーのキツネが死んで、着ぐるみの妖精になったのはショック。なんで擬人化するの? 色も白いままで視認性が悪い。「口伝をゲーム化する」という制約があったにせよ、もうちょい工夫できたと思う。

教育ツールとしておもしろい試みだと思うが、『Valiant Hearts The Great War』ほど魅力はなかった。それは口伝に忠実であろうとする制約ゆえか、口伝をおもしろく翻案しようとする意志がなかったせいかは、わからない。



Steam: Never Alone (Kisima Ingitchuna)

関連エントリー

2014年 ゲーム 3ツ星 文学・古典・童話
注文の多い料理店 (監督:四分一節子)(21分)

注文の多い料理店 (監督:四分一節子)(21分)

Watch A Well-Ordered Restaurant
1993年のアニメ ★3

オーソドックスな映像化。 尖ったところはないので、安心して視聴できる。看板の猫が覗き込んだり、絵の猫が後始末する演出がおもしろかった。しわしわの顔もイメージ通り。 猟師の声はキート (...)

女の一生

女の一生

Une vie
2016年の外国映画 ★3

しっかり描かれているが、これで伝わるか? モーパッサンの長編小説を映画化。おおよそ原作通りに展開するが、映像で見ると不幸のインパクトが強まる。と同時に、ジャンヌの思慮不足が痛々しい (...)

喰女 クイメ

喰女 クイメ

Over Your Dead body (KUIME)
2014年の日本映画 ★2

虚と実が釣り合ってない。 『四谷怪談』の舞台と、役者たちのドラマが並行して描かれる。演じる役と同じ気質をもった役者たちが、現実でも狂気の所業におよんでしまう──というのが基本プロッ (...)

蜜のあわれ

蜜のあわれ

Mitsu no Aware
2016年の日本映画 ★3

「孕んだ責任をまっとうしたまえ!」 室生犀星が私生児であったことや、老いても性欲旺盛だったこと、芥川龍之介に干物と称されたことなどを踏まえると、映画の印象がだいぶ変わる。逆に、なに (...)

注文の多い料理店 (監督:岡本忠成)(19分)

注文の多い料理店 (監督:岡本忠成)(19分)

A Well-Ordered Restaurant
1993年のアニメ ★4

独特の風合い。 宮沢賢治の短編小説を、セリフ無しのアニメーションに。原作より行動が派手で、見せ場もある。新しいテーマはないが、よくまとまっている。 猟師たちは、銃をあずける前に乱射 (...)

KAGAYA 銀河鉄道の夜 (38分)

KAGAYA 銀河鉄道の夜 (38分)

KAGAYA - Night on the Galactic Railroad
2006年の日本映画 ★3

ストーリーを追わぬ。 プラネタリウムで上演された映像プログラム。全天周映像と思っていたが、ちがった。プラネタリウムで鑑賞したら、またちがった印象をもつかもしれない。 宮沢賢治「銀河 (...)

ページ先頭へ