[レビュー1972年12月17日に発表された 

パンダコパンダ Panda! Go, Panda!

ファンタジー:童話 主人公は子ども @宮崎駿&ジブリ
更新日:2013年06月29日(土) 00:50 [Edit]

なまじのホラーより怖い

元気いっぱい、パンツいっぱい。ミミ子(杉山佳寿子)の明るい声が耳に残る。のちの『となりのトトロ』の原型になったと言われているが、冷静に見るとかなり怖い。人形に見えるパンダが生きていて、言葉が通じる。おまけにミミ子の父親になると言い出す。
こいつ......本当にパンダなのか?

いや、パンダには見えない。ではなんだ? あれこれ考えると、ぞくりとする。こうなると、ミミ子の精神状態も不安になる。ミミ子はちゃんと現実が見えてるの? おばあちゃんは実在するの? 考え出すと、キリがない。

ここまで荒唐無稽な世界観は、ふつうの人には思いつかない。動物園と人間界の暮らしを両立させるラストも強烈すぎる。子ども向け映画なのだが、子どもに見せていいのか悩ませる作品である。

宮崎駿、スタジオジブリ
宮崎駿監督作品/ジブリ以前
宮崎駿監督作品
スタジオジブリ
ゲーム
関連作品
妄想リメイク

関連エントリー