[レビュー1997年07月19日に発表された 

学校の怪談3 GAKKOU NO KWAIDAN

モンスター:妖怪 主人公は子ども 学校 幽霊 異世界に召還
更新日:2009年08月27日(木) 16:45 [Edit]

恐れる理由がない

舞台を都市部に変えて、学校の外も異世界になった。これはなんという現象だろう? シリーズ化するなら、『SILENT HILL』のような新しい神話を創ってもよかったのに。
人体模型や人面犬のクリーチャーに遭遇して、まったく戦おうとせず、無軌道に逃げ惑う子どもたちに失望する。ちょっとはガッツを見せろ。戦って勝てないから逃げるのであって、最初から逃げるのは臆病者だ。

例によって、中途半端な先生が登場する。個人的には、どの先生にも好感をもてない。これは、映画館に子どもを連れてくる親を投影したものなんだろうか。

関連エントリー