洗礼 Baptism of Blood

1996年 日本映画 4ツ星 狂気 記憶操作 @楳図かずお

ストーリーで押し切った!

あらすじ

美貌の女優・若草いずみの顔には醜い痣があった。歳をとって化粧で隠しきれなくなると、いずみは引退を決意し、姿を消した。十数年後、いずみは13歳になる娘・さくらと洋館で静かに暮らしていた。いずみは、脳みそを交換する装置を使ってさくらの若くて美しい身体を奪うつもりだった。母親の狂気に気づいたさくらは逃げようとするが、あえなく捕まってしまう。

ひと昔前の映像だから、いろいろ野暮ったく見える。演技もあまり上手ではない。特撮もチープだ。しかしストーリーが力強いため、ぐいぐい引き込まれてしまった。

当時18歳の今村理恵はかわいい。ピアノ教師の目が胸元に吸い寄せられるのも無理はない。手術後は妖艶さも加わって、たまらなく魅力的になる。キスシーンは顔が映らないけど、本人じゃないのかな。ダイレクトにキスさせるより、あえて隠す方がエロティックだ。脳裡に中の人、すなわち老婆(秋川リサ)の顔が浮かぶが、女優時代(吉田美江)のおっぱいで打ち消す。女優時代も今村理恵に演じてもらえばよかったのに。

脇役は個性的すぎて、不協和音になっている。冒頭の子役は印象が強すぎる。また谷川、メレディスなど、外人系の役者が多いのも気になる。しかしそうした異質さが、楳図かずお「らしさ」を高めている。

ラストもよかった。狂気に陥ることで、少女の美が永遠に昇華した。

ホラー漫画家
楳図かずお
伊藤潤二
古潤茶

関連エントリー

1996年 日本映画 4ツ星 狂気 記憶操作 @楳図かずお
楳図かずお恐怖劇場 プレゼント

楳図かずお恐怖劇場 プレゼント

Kazuo Umezu's Horror Theater: THE PRESENT
2005年の日本映画 ★3

リア充爆発しろ! ゴア表現は6作中最大。捕まったあとの解体作業や、トナカイが残飯処理はかなり気持ち悪い。このまま理不尽に終わるだろうと思っていたが、ちゃんと設定やストーリーがあった (...)

楳図かずお恐怖劇場 蟲たちの家

楳図かずお恐怖劇場 蟲たちの家

Kazuo Umezu's Horror Theater: HOUSE OF BUG
2005年の日本映画 ★4

めくるめく変身の世界 あらすじ 蓮司は自分に好意を寄せる後輩・羽奈子に、妻(留以子)の様子がおかしいことを打ち明ける。それが自分の妄想かどうか確かめてもらうため、蓮司は羽奈子を家に (...)

神の左手悪魔の右手

神の左手悪魔の右手

God's Left Hand, Devil's Right Hand
2006年の日本映画 ★2

これじゃ単なるサイコホラー 神のごときソウの前では、単なる殺人鬼などゴミみたいなもの。異常者が、想像を絶する異常現象に巻き込まれるのが原作の魅力だが、その魅力を再現できてない。 お (...)

楳図かずお恐怖劇場 DEATH MAKE

楳図かずお恐怖劇場 DEATH MAKE

Kazuo Umezu's Horror Theater: DEATH MAKE
2005年の日本映画 ★2

抽象的すぎる 状況設定はおもしろいが、いかんせん意味がわからなかった。こんな原作、あったっけ? よくあるB級ホラーで、失敗した「世にも奇妙な物語」みたい。 どうしてこうなったのか。 (...)

楳図かずお恐怖劇場 絶食

楳図かずお恐怖劇場 絶食

Kazuo Umezu's Horror Theater: DIET
2005年の日本映画 ★2

なんの代償だったのか? ブスが美女に変身する話と思っていたが、すで変身していることに気づく展開は驚いた。ここから先が抽象的で、よくわからない。好きな人に振り向いてもらうため、過度な (...)

楳図かずお恐怖劇場 ねがい

楳図かずお恐怖劇場 ねがい

Kazuo Umezu's Horror Theater: THE WISH
2005年の日本映画 ★4

単なるホラーを越えた魅力 あらすじ 孤独な小学生ヒトシは、廃材を組み立てた人形を「モクメ」と名付け、友だちになってくれるよう願いを込めた。ところが学校で友達ができたため、モクメは邪 (...)

ページ先頭へ