[レビュー1979年06月14日に発表された 

蘇える金狼 The Resurrection of the Golden Wolf

主人公は犯罪者
更新日:2009年04月10日(金) 16:42 [Edit]

狼というより狂犬

人を殺し、ものを壊し、薬を使い、女をたぶらかして、それでなにを得たかったのだろう? 正義も信念もない暴力をカッコイイと称賛するのは抵抗がある。朝倉を駆り立てたものはなんだったのか? 1979年当時の日本は、そんなに閉塞感があったのだろうか?

物語は薄っぺらいが、松田優作のワイルドな演技はすごい。
女に揶揄されながらも食事をやめないシーンが妙に印象に残ってる。ラストも強烈。
賛同はできないが、とにかくすごいキャラクターだった。

関連エントリー