ゴジラ(3) キングコング対ゴジラ King Kong vs Godzilla

1962年 特撮 2ツ星 怪獣

キングコングは客寄せパンダ

後の世から見れば、なぜキングコングを出したのかは疑問。べらぼうな名称使用料を払って、造形も設定も変えられて、米国版とは不連続な存在になったのだから、ただの大猿にすればよかったのに。しかし当時は喜ばれたようで、観客動員数はシリーズ最高を記録している。不思議なものだ。
売れた映画がおもしろいとはかぎらないが、売れた映画の路線は継承されていく。本作で「怪獣同士の対決」という流れが確立された。1作目、2作目も重さは、すでに感じられない。

主人公は若き日の高島忠夫。声は聞き取りやすいけど、役柄はぱっとしない。ゴジラと相対したのに、ぜんぜん不幸にならないのもショック。前作から7年が経過しているが、時代が変わったと感じる。
パシフィック製薬は日本に甚大な被害をもたらしたが、彼らが罰せられることもない。『モスラ(1961)』とは大違いだ。ラストで環境適応がどうのと言われても、ちっとも心が動かない。

キングコングと大ダコとの戦いはすごかった。『キングコング対大ダコ』で十分だったと思う。

怪獣
東宝
ゴジラ:昭和
ゴジラ:平成
ゴジラ:ミレニアム
モスラ
フランケンシュタイン
東宝怪獣
大映
ガメラ:昭和版
ガメラ:平成三部作
ガメラ:新生版
大魔神
ほか
ウルトラシリーズ
松竹怪獣
怪獣:ほか
ゲーム・アニメ・CG映画
海外制作
海外制作

関連エントリー

1962年 特撮 2ツ星 怪獣
モーレツ怪獣大決戦

モーレツ怪獣大決戦

Moretsu Kaijuu Daikessen
2005年の特撮 ★2

いいなぁ。 内容について語ることはない。ひどいもんだが、そもそもクオリティを求めちゃいないだろう。どんな連中が、どんな経緯で制作したか知らないが、まー、楽しそうだ。 やってみたいこ (...)

パシフィック・リム: アップライジング

パシフィック・リム: アップライジング

Pacific Rim: Uprising
2018年の外国映画 ★3

「怪獣の名前は私が勝手につけた!」 『パシフィック・リム』(2013)の続編。なんも知らずに見たので、まぁ、楽しめた。もともとストーリーやドラマは期待してなかったし、ロボットと怪獣 (...)

レディ・プレイヤー1

レディ・プレイヤー1

Ready Player One
2018年の外国映画 ★3

結局、リアル至上か。  停滞した未来社会で、人々はVR世界「OASIS」に熱狂していた。莫大な遺産と運営権をめぐって、若者たちと企業が激突する。VR世界ではハリウッドだけでなく、日 (...)

海底二万哩 / 海底2万マイル / 海底20000マイル

海底二万哩 / 海底2万マイル / 海底20000マイル

20,000 Leagues Under the Sea
1954年の外国映画 ★3

見ごたえがある。 CGはない。すべてセット? それにしては大きい。ミニチュアで合成? そんな機材がすでにあったのか。気がつけば映像に圧倒されている。古い映画なのに。 リベット打ちさ (...)

巨神兵東京に現わる

巨神兵東京に現わる

Giant God Warrior Appears in Tokyo
2012年の特撮 ★3

メイキングを作るための本編 庵野監督が特撮技術の衰退を惜しみ、その技巧を作品として残そうとした。その心意気や、よし。しかし出来上がった作品が、「CGならもっとできたのに」と思わせて (...)

パシフィック・リム

パシフィック・リム

Pacific Rim
2013年の外国映画 ★4

その手があったか! 怪獣は海からやって来る。だから壁で都市を守る。怪獣の強さはレベルで区分され、少しずつ強くなっている。対応できるのは巨大ロボットのみ。2人のパイロットが精神を同調 (...)

ページ先頭へ