[レビュー1992年09月22日に発表された 

ボディガード The Bodyguard

刑事・警察
更新日:2009年07月29日(水) 15:57 [Edit]

真犯人は、この色男ボディガードだッ!

一線を越えてしまうボディガードは職業倫理にもとる。
歌手(女)にすれば、自分を守ってくれる男に職務以上の忠誠心を期待したとも考えられる。ボディーガード(男)は、相手の不安につけ込んで、肉体関係を迫ったとも言える。
いずれにせよ、まっとうな恋愛感情の結果とは思えない。

警護対象を山荘に閉じこめるという行為も信じがたい。
しかも行き先は誰にも知らせず、自分の武勇伝ばかり聞かせる。これは彼女を洗脳するための拉致・監禁と変わらない。
ボート爆破で信用が高まり、姉の死で真相は闇に消えた。犯人である元同僚は、じつはグルだった可能性がある。

結局、この色男はスーパースターの心と体をまんまと手に入れてしまった。

関連エントリー