[レビュー1992年06月21日に発表された 

風の大陸 The Weathering Continent

ファンタジー:剣と魔法
更新日:2009年04月10日(金) 19:04 [Edit]

これが当時のファンタジー観だったね

原作小説は読んでないが、忠実なアニメ化らしい。状況がさっぱりわからん。そして興味が湧かない。さらさらヘアーで砂漠を旅するオッドアイの美少年に、どんな興味をもてばいいのやら。ストーリーについては語るまい。なんの起伏もない、型どおりの展開に気が抜ける。しかし作者やスタッフに落ち度はなく、そういう時代だったなぁと思い返す。

同時上映は『アルスラーン戦記II』と『サイレントメビウスII』だった。うーん、時代の終わりだったかもしれない。