スクリーマーズ Screamers

1995年 外国映画 2ツ星 SF ロボット:自律型 主人公は軍人 戦争 @P.K.ディック

物足りない。

フィリップ・K・ディック『変種第二号』の映画化。ストーリーはおおよそ原作通りだが、原作既読者はラストでがっかりする。「タイプ4」の言及がないし、ガイノイドの自己犠牲で腰骨が砕ける。ピーター・ウェラーが愛したら、機械も愛に目覚めるのか? やれやれ。

舞台を外宇宙の惑星にすることで、「地球に帰還する」と整理したのはよかった。タイプ3が多数出てきたのもよし。合成はチープだが、がんばっている。でもスクリーマーが飛んでこないのは物足りない。

ディックはそのまま映像化せず、監督が大胆に翻案しないと駄目だね。