[レビュー1996年12月30日に発表された 

ブラック・ジャック 劇場版 Black Jack The Movie

SF:新人類 病院 @手塚治虫
更新日:2009年04月10日(金) 18:18 [Edit]

ある意味、かっこよすぎるブラック・ジャック

スケールが大きく、テーマ性も高い。設定もよく考えられている。
ブラック・ジャックの声がぴったりで、その叫びは胸に響く。
出崎統監督の止め絵表現も、冴えに冴えまくっている。

しかしなんというか、私の知っているBJに比べると、かっこよすぎる。
マンガのBJは、ずっこけたり、落ち込んだり、ぺしゃんこにされることもある。そんなユーモラスな魅力が、この劇場版ではスポイルされている。

非の打ち所がないところが気に入らない。
そう思うのは、わがままだろうか。

関連エントリー