クレイジー・クライマー (AC) Crazy Climber

1980年 ゲーム 4ツ星 ゲーム:パズル

ひたすら登る、それが楽しい

200階建ての超高層ビルを素手で登っていくゲーム。左右のレバーで左右の手を動かす直感的な操作がおもしろい。人がプレイしているのを見たら、自分もやりたくなる。どのゲームもそうだが、がちゃがちゃ早く動かせば、早く反応するわけじゃない。低層階でその摂理に気づかないと、落下物をよける気持ちに操作が追いつかない。でも楽しいから、リトライ。
さらに登るとビルがくびれたり、穴が空いているところがある。登れるところが狭まると、障害を避けるのが難しくなる。ロッククライミングでルートを選ぶような気分。って、登山の経験もないのに思っていた。

登る操作は楽しい。なにもかも忘れ、ずっと壁面を登っていたい。だのにチュートリアル的な低層階はすぐ終わり、障害に対応できなくなる。どれも前兆があって、人のプレイを見ると問題なく避けているのに、できない。くやしい。頭のなかでイメージする。うん、できるはず。コイン投入。落下。ぐぎゃー。

そんなゲームだった。

関連エントリー

1980年 ゲーム 4ツ星 ゲーム:パズル
RATUZ (PC)

RATUZ (PC)

RATUZ
2022年のゲーム ★3

刑務所から脱出する2Dパズル・アクションゲーム。 主人公は、無辜の囚人である5番(Five)。人体実験にかけられそうになるが、うち1人がミュータントに変貌。その混乱に乗じて逃げ出 (...)

ばくばくアニマル (AC)

ばくばくアニマル (AC)

Baku Baku Animal
1995年のゲーム ★3

妙に好きだった。 何ヶ月か夢中でプレイした。いま見ると稚拙だが、当時は3Dキャラを喜んでいた。餌と動物が揃ったときの「ガブガブ」という音と、大きくなる動物の顔が好きだった。自キャラ (...)

Examtaker / Helltaker's Anniversary Update! (PC)

Examtaker / Helltaker's Anniversary Update! (PC)

2021年のゲーム ★3

ただのステージ追加ではなかった。  Helltakerリリース1周年を記念して追加されたチャプター。レーザー回避という新要素が追加され、別ゲームと言わないまでも、続編として通じる内 (...)

小さな世界 (PC)

小さな世界 (PC)

Tiny Lands
2021年のゲーム ★3

いい試み。  3D間違い探しゲーム。正方形のマス目に描画された立体情景(ジオラマ)が2つ。面が少なく、リアルさより玩具らしさを思考している。炎や雪のエフェクト、雨や風、馬のいななき (...)

Shady Part of Me (PC)

Shady Part of Me (PC)

Shady Part of Me
2020年のゲーム ★2

きれい、ではある。 数年おきに登場する「影を操作するゲーム」。映像は美しいが、ストーリーはよくわからない。センス優先、ロジック軽視。これも、よくあるパターン。 黒髪の少女が自分の影 (...)

チックタック:二人のための物語 (PC)

チックタック:二人のための物語 (PC)

Tick Tock: A Tale for Two
2019年のゲーム ★3

マッチングなしとは! 2人でプレイするパズルゲーム。スタートするとプレイヤー1と2を選択するが、どこのだれとプレイするかのマッチングはない。そんなんで大丈夫かと思ったが、要するに双 (...)

ページ先頭へ