[レビュー1992年03月20日に発表された 

氷の微笑 Basic Instinct

刑事・警察 狂気
更新日:2009年07月28日(火) 09:59 [Edit]

危険を知りつつ手を出すのは、馬鹿

個人の好みの問題ではあるが、あーゆー女に溺れる心理がわからない。小説家(シャロン・ストーン)がそれだけ魅力的なのか、刑事(マイケル・ダグラス)が下半身を制御できていないのか。映画を見るかぎり、悪いのは刑事の方だ。小説家には危険に引き寄せられる性癖があるけど、刑事にはそーゆー危ない女に引き寄せられる性癖があるようだ。つまり、病的なまでに相性がよかったと、そう解釈するしかない。

サスペンスなので、なにか謎解きがあるのかと思ったが、単に悪女が悪いことをしただけの映画だった。それより、破滅的なカップルの最期を見たかったけど、そこはぼかされたまま。どうにも釈然としない映画だった。


関連エントリー