[レビュー1979年12月10日に発表された 

銀河鉄道999 Galaxy Express 999 [Movie]

SF:スペースオペラ @松本零士
更新日:2009年04月10日(金) 16:42 [Edit]

語り継がれる傑作。TVシリーズの総集編じゃないぞ!

非常に長いTVシリーズの印象があるから、劇場版は総集編ライクなものとイメージされがちだが、さにあらず。鉄郎の年齢をはじめ、設定や展開も作り直されている部分が多い。TVシリーズとは別物。最近の言葉でいうなら、「新訳」といえるだろう。

見直してみると、ストーリーも奥深い。
貧乏に苦しみながら、あれほど恋いこがれていた機械の身体(永遠の命)を否定して、その根源を破壊してしまうんだぜ。そんな鉄郎に、多くの人が手を貸してくれる。不発弾の詰まったアンタレス、力尽きるトチロー、ミルクを注文するハーロック、伯爵の女リューズ、涙をこぼすクレア……。
思い返しただけで、ぞわぞわきますよ。

一方、メーテル側のストーリーも見逃せない。
母親の苦労、父親の優しさ、その板挟みになって苦しむ娘。わずかな説明だけだが、この両親の物語を想像するだけで、胸が苦しくなる。

そしてまた、ゴダイゴの歌が素晴らしい。
なにはともあれ、必ず見ておくべき作品の1つだ。